後宮冥府の料理人

後宮冥府の料理人

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049154771
label

後宮冥府の料理人

  • 著者 土屋 浩
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784049154771

死者を送る後宮料理人となった少女の、後宮グルメファンタジー開幕!

処刑寸前で救われた林花が連れてこられたのは、後宮鬼門に建つ漆黒の宮殿・臘月宮(ろうげつきゅう)。そこは死者に、成仏するための「最期の晩餐」を提供する冥府の宮殿だった――。
謎めいた力を持つ女主人・墨蘭のもと、林花は宮殿の料理人として働くことに。死者たちが安らかに旅立てるよう心をこめて食事を作る林花だが、ここへやってくる死者の想いは様々で……。
なぜか、一筋縄ではいかないお客達の願いを叶えることになった林花は、相棒・猛虎(犬)と共に後宮を駆け巡る――!

後宮鬼門の不思議な宮殿で、新米女官が最期のご馳走叶えます。

◆人物紹介◆
林花(りんか)
敵国のスパイとして処刑されかけたが、死霊を見る能力を買われ、臘月宮へやってきた。宮廷料理人だった父の腕を継いでいる。

黄辛(こうしん)
武神と呼ばれた父帝の跡を継ぐ、民からも絶大に支持される若く聡明な帝。林花とは、浅からぬ縁があるようで――?

猛虎(もうこ)
黄辛の命を救い、四品の位を賜った、帝の愛犬。人の顔をなめ回す悪癖があり、後宮の女官から恐れられている。
処刑寸前で救われた林花が連れてこられたのは、後宮鬼門に建つ漆黒の宮殿・臘月宮(ろうげつきゅう)。そこは死者に、成仏するための「最期の晩餐」を提供する冥府の宮殿だった――。
謎めいた力を持つ女主人・墨蘭のもと、林花は宮殿の料理人として働くことに。死者たちが安らかに旅立てるよう心をこめて食事を作る林花だが、ここへやってくる死者の想いは様々で……。
なぜか、一筋縄ではいかないお客達の願いを叶えることになった林花は、相棒・猛虎(犬)と共に後宮を駆け巡る――!

後宮鬼門の不思議な宮殿で、新米女官が最期のご馳走叶えます。

◆人物紹介◆
林花(りんか)
敵国のスパイとして処刑されかけたが、死霊を見る能力を買われ、臘月宮へやってきた。宮廷料理人だった父の腕を継いでいる。

黄辛(こうしん)
武神と呼ばれた父帝の跡を継ぐ、民からも絶大に支持される若く聡明な帝。林花とは、浅からぬ縁があるようで――?

猛虎(もうこ)
黄辛の命を救い、四品の位を賜った、帝の愛犬。人の顔をなめ回す悪癖があり、後宮の女官から恐れられている。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

序) 宮女の白切鶏
壱) 女官長の紅焼肉
弐) 皇女の猫耳朶
参) 料理長の仏跳牆
肆) 怨霊と開水白菜
伍) 医師の万頭
陸) 帝の爆肚児

「後宮冥府の料理人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 死者が冥府に渡る前、最期の晩餐を提供する後宮の宮殿。そこに仕える料理人の娘と死者の物語、ってところかしら? 一冊の中で皇帝が死にかけ政権がひっくり返りそうになり、と色々ゴタゴタの中、蠟月宮はあくまで死 死者が冥府に渡る前、最期の晩餐を提供する後宮の宮殿。そこに仕える料理人の娘と死者の物語、ってところかしら? 一冊の中で皇帝が死にかけ政権がひっくり返りそうになり、と色々ゴタゴタの中、蠟月宮はあくまで死者を持て成す者としてノータッチ。どこまでも外の話という感じ。 そして今年の再会が早い佛跳牆さん。 …続きを読む
    虚と紅羽
    2024年01月31日
    9人がナイス!しています
  • 処刑寸前で救われ死者に最期の晩餐を提供する宮殿の料理人として働くことになった林花の活躍を描いた変則的な中華ファンタジー。短編集に近い構成だったけど悪くはなかった気がするな 処刑寸前で救われ死者に最期の晩餐を提供する宮殿の料理人として働くことになった林花の活躍を描いた変則的な中華ファンタジー。短編集に近い構成だったけど悪くはなかった気がするな
    栗山いなり
    2024年01月23日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品