誰にも懐かないソロギャルが毎日お泊まりしたがってくる2

誰にも懐かないソロギャルが毎日お泊まりしたがってくる2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784046831538
label

誰にも懐かないソロギャルが毎日お泊まりしたがってくる2

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784046831538

お家の外でもずっと一緒にいていいですか?

『ソロギャル』と呼ばれる美少女・鈴原綺奈とルームシェアを続ける街川庵。
学校では誰にも懐かないなんて言われてた不器用な綺奈だが、

「朝ごはんできてますよ」
「お疲れならどうぞ。好きなだけおやすみしてくださいね」

パンケーキを作ってくれたり、ひざ枕をしてくれたり、すっかり庵との生活にも慣れてきた。
そんな中、二人は実行委員として文化祭を盛り上げることになるが――。

「ずっと街川くんと……いえ、庵くんと、したかったんです」

『とある出来事』がきっかけで関係に大きな変化が。さらには文化祭デートまですることになり!? 
陽キャオタクとぼっちなギャルの青春恋物語、第二章。
『ソロギャル』と呼ばれる美少女・鈴原綺奈とルームシェアを続ける街川庵。
学校では誰にも懐かないなんて言われてた不器用な綺奈だが、

「朝ごはんできてますよ」
「お疲れならどうぞ。好きなだけおやすみしてくださいね」

パンケーキを作ってくれたり、ひざ枕をしてくれたり、すっかり庵との生活にも慣れてきた。
そんな中、二人は実行委員として文化祭を盛り上げることになるが――。

「ずっと街川くんと……いえ、庵くんと、したかったんです」

『とある出来事』がきっかけで関係に大きな変化が。さらには文化祭デートまですることになり!? 
陽キャオタクとぼっちなギャルの青春恋物語、第二章。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「誰にも懐かないソロギャルが毎日お泊まりしたがってくる2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 少しだけ距離が近づいた『ソロギャル』の美少女・鈴原綺奈とルームシェアを続ける街川庵。彼が務める文化祭実行委員のパートナーに綺奈が立候補する第二弾。庵との生活で不器用ながらに少しずつ甘えてくるようになっ 少しだけ距離が近づいた『ソロギャル』の美少女・鈴原綺奈とルームシェアを続ける街川庵。彼が務める文化祭実行委員のパートナーに綺奈が立候補する第二弾。庵との生活で不器用ながらに少しずつ甘えてくるようになってきた綺奈が、文化祭実行委員になったことで起きる大小様々な軋轢を、仲間と協力しながらフォローする庵。苦い過去も乗り越える彼に惚れるのも無理はないと思うような展開で、けれど親友という関係性が逆に呪縛になる構図はもどかしかったですけど、ことりも絡めた複雑な関係性にも上手い落とし所を見つけたこれからが楽しみですね。 …続きを読む
    よっち
    2023年12月24日
    27人がナイス!しています
  • ★★★☆ ソロギャルと呼ばれる綺奈と同居生活を続ける庵。学校で見せるクールなキャラクターとは違い、家の中では甘えん坊で穏やかな彼女の人柄に徐々に惹かれていく。そんな中、二人は実行委員として文化祭を盛り上げ ★★★☆ ソロギャルと呼ばれる綺奈と同居生活を続ける庵。学校で見せるクールなキャラクターとは違い、家の中では甘えん坊で穏やかな彼女の人柄に徐々に惹かれていく。そんな中、二人は実行委員として文化祭を盛り上げる事に。概ね順調に進む文化祭だったが、とあるイベントから二人の少女の恋心が溢れてしまって…というお話でした。 いや〜、良かったですね。正直一巻で追うのをやめようか迷っていた作品なのですが、二巻も読んで本当に良かったです。 ストーリー的にはまあ無難な流れというか、徐々に距離を縮める二人が文化祭というイ→ …続きを読む
    まっさん
    2024年01月11日
    19人がナイス!しています
  • 想像以上に展開が早い。二人とも奥手なタイプだからゆっくり進むんだろうなぁと油断していたら、ぶっちぎられた感。まぁ魅力的な異性が自分のテリトリーで油断しきった姿を見せてきたら気持ちを抑えられないのは仕方 想像以上に展開が早い。二人とも奥手なタイプだからゆっくり進むんだろうなぁと油断していたら、ぶっちぎられた感。まぁ魅力的な異性が自分のテリトリーで油断しきった姿を見せてきたら気持ちを抑えられないのは仕方ないか。溢れ出る好きの気持ちが、過去のトラウマによる傷を塞ぎつつあるようで何より。そしてソロギャルだけじゃなくてもう一人の本格的な参戦も予想外だった。両方強いし、仲良しだし、大切な相手だし、選べないよなぁ…。心中お察しします。これからの展開も読めなくなったけど、ギスギスすることなく幸せな時間を過ごしてほしい。 …続きを読む
    リク
    2023年12月25日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品