男装の華は後宮を駆ける 鳳凰の簪

男装の華は後宮を駆ける 鳳凰の簪

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041144114
label

男装の華は後宮を駆ける 鳳凰の簪

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041144114

男装の令嬢、後宮で巻き起こる事件を解決します!

ある朝、後宮で宮女の死体が発見される。
しかもそこには、皇后しか持つことを許されないはずの「鳳凰の簪」があった――。

街が正月の活気にあふれる中、名家の娘・芙蓉(ふよう)は、後宮を司る皇太后から「ある人物と手紙のやり取りをしてほしい」と頼まれ、突然“文使い”に任命される。
身元を隠すため男装するよう指示された芙蓉が、わけのわからないまま約束の場所に行くと、そこには美しい青年――蒼君(そうくん)と名乗る人物が待っていた。
「お待たせしましたか」
「待ったかだとは、愚問ではないか?」
初対面からぶつかりながらも、蒼君から後宮の事件を聞いた芙蓉は持ち前の洞察力を活かすため、事件解決に乗り出すことに!
そのさなか、何者かの刺客に襲われる芙蓉と蒼君。後宮の事件捜査のはずが、何やら不穏な雰囲気に――!?

天真爛漫な男装少女と謎多き青年が後宮の闇に迫る! ハイスピード後宮ミステリ!
ある朝、後宮で宮女の死体が発見される。
しかもそこには、皇后しか持つことを許されないはずの「鳳凰の簪」があった――。

街が正月の活気にあふれる中、名家の娘・芙蓉(ふよう)は、後宮を司る皇太后から「ある人物と手紙のやり取りをしてほしい」と頼まれ、突然“文使い”に任命される。
身元を隠すため男装するよう指示された芙蓉が、わけのわからないまま約束の場所に行くと、そこには美しい青年――蒼君(そうくん)と名乗る人物が待っていた。
「お待たせしましたか」
「待ったかだとは、愚問ではないか?」
初対面からぶつかりながらも、蒼君から後宮の事件を聞いた芙蓉は持ち前の洞察力を活かすため、事件解決に乗り出すことに!
そのさなか、何者かの刺客に襲われる芙蓉と蒼君。後宮の事件捜査のはずが、何やら不穏な雰囲気に――!?

天真爛漫な男装少女と謎多き青年が後宮の闇に迫る! ハイスピード後宮ミステリ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「男装の華は後宮を駆ける 鳳凰の簪」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 街が正月の活気にあふれる中、名家の娘・芙蓉が後宮を司る皇太后から突然文使に任命され、身元を隠すため男装するよう指示された彼女が、同じ文使の青年・蒼君と出会う中華風ミステリ。ある朝、後宮で発見された宮女 街が正月の活気にあふれる中、名家の娘・芙蓉が後宮を司る皇太后から突然文使に任命され、身元を隠すため男装するよう指示された彼女が、同じ文使の青年・蒼君と出会う中華風ミステリ。ある朝、後宮で発見された宮女の死体と、皇后しか持つことを許されないはずの鳳凰の簪の存在。初対面からぶつかりながら、蒼君から後宮の事件を聞き、持ち前の洞察力を活かして芙蓉が一緒に捜査に乗り出す展開で、後宮の確執が描かれる一方、市井にも活動の幅を広げてゆく様子は良かったですし、薄々はお互いの素性も気づいている二人の今後も気になるところです。 …続きを読む
    よっち
    2024年03月11日
    29人がナイス!しています
  • 皇太后の大姪の芙蓉は、後宮での事件の真相を探る為、皇太后の文使として男装して蒼君なる人物と街で会い二人で事件解決を図っていく。どんどん事件が大きくなりハラハラし、男装がバレていないと思っている芙蓉と、 皇太后の大姪の芙蓉は、後宮での事件の真相を探る為、皇太后の文使として男装して蒼君なる人物と街で会い二人で事件解決を図っていく。どんどん事件が大きくなりハラハラし、男装がバレていないと思っている芙蓉と、気づいている事を隠している蒼君のジレジレが楽しい。そしてラストは、何やら謎を残して終わった感じで、続くのかしら? …続きを読む
    はなりん
    2024年03月30日
    14人がナイス!しています
  • なかなか面白かったんですけどこれ終わってないですよね?1つの事件からその裏にある大きな事件は解決したもののそれに付随する細々した事件は調査中。そしてお互いの正体を知ってしまったものの今の関係を崩さない なかなか面白かったんですけどこれ終わってないですよね?1つの事件からその裏にある大きな事件は解決したもののそれに付随する細々した事件は調査中。そしてお互いの正体を知ってしまったものの今の関係を崩さない為に知らないフリを続ける芙蓉と蒼君。この2人の関係がどう発展していくのか気になるので続きが読みたいです。 …続きを読む
    色素薄い系
    2024年03月23日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品