ブレイク

ブレイク

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784041135303

ブレイク

  • 著者 真山 仁
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784041135303

日本に眠る究極のエネルギーをめぐる奮闘と陰謀! 政治経済小説の最高峰。

震災や環境保護の影響で脱原発、脱炭素が叫ばれ、代替エネルギーの開発競争が熾烈を極める現代。地熱発電推進派の切り札として、宮城県で巨大な「蔵王復興地熱発電所」の開発が進められていた。人気の若手衆院議員・仁科良一の見守る中、ついに巨大な熱水層が掘り当てられる。仁科は、かつて日本最大の地熱発電所を手がけた開発業者のトップ安藤幸二と共に期待に胸を膨らませるが、熱水層はすぐに枯れ、蔵王の地熱発電は暗礁に乗り上げてしまう。実は開発前の調査データの改ざんがあったというのだ。誰が何の目的で改ざんを行ったのか? 巨大なエネルギー利権をめぐって政財界の謀略と駆け引きが過熱する中、不可能と言われる夢の発電方式「超臨界地熱発電」が実現に向けて動き出す。エネルギー問題が最も注目される今、「予言の書」と言われた名作『マグマ』の正統なる後継作がついに登場! 震災や環境保護の影響で脱原発、脱炭素が叫ばれ、代替エネルギーの開発競争が熾烈を極める現代。地熱発電推進派の切り札として、宮城県で巨大な「蔵王復興地熱発電所」の開発が進められていた。人気の若手衆院議員・仁科良一の見守る中、ついに巨大な熱水層が掘り当てられる。仁科は、かつて日本最大の地熱発電所を手がけた開発業者のトップ安藤幸二と共に期待に胸を膨らませるが、熱水層はすぐに枯れ、蔵王の地熱発電は暗礁に乗り上げてしまう。実は開発前の調査データの改ざんがあったというのだ。誰が何の目的で改ざんを行ったのか? 巨大なエネルギー利権をめぐって政財界の謀略と駆け引きが過熱する中、不可能と言われる夢の発電方式「超臨界地熱発電」が実現に向けて動き出す。エネルギー問題が最も注目される今、「予言の書」と言われた名作『マグマ』の正統なる後継作がついに登場!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ
第一章 地熱フロンティア
第二章 プラン・ヴァルカン
第三章 地熱アポロ
第四章 地熱ブレイク
エピローグ

「ブレイク」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 真山 仁は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者の最新作は、近未来臨界地熱発電政治経済小説でした。 私は、臨界地熱発電にも期待したいと思いますが、太陽光発電自力EVを世界に先駆けて開発することによ 真山 仁は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者の最新作は、近未来臨界地熱発電政治経済小説でした。 私は、臨界地熱発電にも期待したいと思いますが、太陽光発電自力EVを世界に先駆けて開発することによる日本経済の復権を願っています。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322211001406/ …続きを読む
    starbro
    2024年01月08日
    193人がナイス!しています
  • 巻頭には、地熱発電プロジェクトに関する図版が3ページに渡り配され、地熱発電の詳細な解説が展開されると期待したが、中身は政治的な駆け引きが中心。地熱発電の開発と普及を目指す勢力に、原発推進派が襲い掛かる 巻頭には、地熱発電プロジェクトに関する図版が3ページに渡り配され、地熱発電の詳細な解説が展開されると期待したが、中身は政治的な駆け引きが中心。地熱発電の開発と普及を目指す勢力に、原発推進派が襲い掛かる図式。首相交代、支持率低下、更に、一旦正常化したイランとサウジアラビアが再び戦闘状態に入るなど、2024年10月に大きな動きがあるという予言めいた展開。エピローグは地熱発電が本格化する情景で終わっている。地熱開発に関する様々な法規制を一本化することが地熱開発を進めるために必要だということは理解できた気がする。 …続きを読む
    藤枝梅安
    2024年01月29日
    71人がナイス!しています
  • 待ってました!の真山仁さんの最新刊。今作はエネルギー問題。カーボン・ゼロを目指す世界で必須の再生可能エネルギーの中でも真山さんのイチオシは地熱発電。火山大国の日本においては太陽光や風力よりも地熱発電が 待ってました!の真山仁さんの最新刊。今作はエネルギー問題。カーボン・ゼロを目指す世界で必須の再生可能エネルギーの中でも真山さんのイチオシは地熱発電。火山大国の日本においては太陽光や風力よりも地熱発電が切り札になる得るとのこと。でもそこは一旦置いといて...とりあえず戦争やめろ。はっきり言って脱炭素社会はゼロと言っている以上は、かなりハードルが高く、世界がひとつになって初めて達成できるものだと思う。戦争なんていうアホな行為すらやめれない世界にカーボン・ゼロという難題はクリアできないと思う。まずは戦争やめろ。 …続きを読む
    PEN-F
    2024年01月04日
    44人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品