プレス 素晴らしきニッポンの肖像

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041120552

プレス 素晴らしきニッポンの肖像

  • 著者 真山 仁
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041120552

日本はどこで間違った? 「ハゲタカ」シリーズ著者が未来を問う。

新型コロナウイルス感染症の流行によって、2020年は時代の分岐点となった。社会に潜んでいた様々な課題が露わになり、対立と分断が進んだ。しかし問題の萌芽は、すでにコロナ前にあったのではないか……? 激動の現在を経て日本はどこへ向かうのか。震災被災地や沖縄、韓国など、国内外の話題の現場を歩き、過去を巡って国の行く末を展望する――。数々の社会派小説を世に送り出してきた著者が刻む、未来への提言。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目次

はじめに

Episode1 変凹君ニッポン漫遊記
Episode2 ミャンマーは民主主義の学校か
Episode3 先進国への狼煙 TOKYO1964 
Episode4 ビバ! 富士山
Episode5 ワインは語る
Episode6 さらば築地のはずが
Episode7 地熱は日本を救えるか
Episode8 銀座でお金の重みを考える
Episode9 IRは日本復活の成長産業となるのか
Episode10 問われる震災復興
Episode11 韓国は近くて遠いのか
Episode12 沖縄は可哀そうな場所なのか
Episode13 ニッポンの“国技”野球の底力
Episode14 トランプ大統領は、民主主義の申し子なのか
Episode15 ものづくり大国はいずこに――阪神工業地帯盛衰
Episode16 大政奉還150年――その深謀遠慮と誤算
Episode17 言葉とは裏腹の平成時代
Episode18 名門・東芝は何を失ったのか

あとがき
文庫版あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「プレス 素晴らしきニッポンの肖像」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2016年から18年まで週刊エコノミストに連載された「あの(その)時」を刻印=「プレス」した18のエピソードをまとめた文庫本。副題の「素晴らしきニッポンの肖像」は内容からは皮肉としか思えないが…。エピ 2016年から18年まで週刊エコノミストに連載された「あの(その)時」を刻印=「プレス」した18のエピソードをまとめた文庫本。副題の「素晴らしきニッポンの肖像」は内容からは皮肉としか思えないが…。エピソード1で、あの五・一五事件の日にチャップリンが来日中で事件ともその後の「独裁者」の制作にも関係があったことを知る。「自分の価値観以外を認めなくなった」不穏な時代の足音として刻まれたエピソードに希望はあるのだろうか?今を生きるひとに、乗り越える「勇気と誇りはあるのかい?」と問いかけてくる。 …続きを読む
    あつし@
    2022年03月09日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品