試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年07月20日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784047371422

鋼鐵の薔薇 1巻

  • 著者 久慈 光久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年07月20日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784047371422

赤い薔薇のランカスターと白い薔薇のヨーク。両家が争う戦闘群像活劇!

スイス連邦の独立を描いた『狼の口』に続く、久慈光久の戦闘群像活劇、第2作目の舞台は15世紀の英国! サマーセット家に仕える騎士・ブラッドは主君を逃がすため、ひとり、橋の真ん中に残って後続を迎え討つ…!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「鋼鐵の薔薇 1巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ランカスター家とヨーク家の覇権争い・ローゼンケーニッヒのコミカライズ。ハルバードを使った戦闘が見事ですねぇ。 ランカスター家とヨーク家の覇権争い・ローゼンケーニッヒのコミカライズ。ハルバードを使った戦闘が見事ですねぇ。
    ルシュエス
    2022年08月06日
    20人がナイス!しています
  • コミックでジャック・ケイドの反乱を読めるとは。日本のコミックの裾野の広さを感じる。前作の狼の口でスイス建国を描いたが、この時点からバラ戦争をどうやって描くのか。胸糞の悪い描写は健在。主役筋を張るであろ コミックでジャック・ケイドの反乱を読めるとは。日本のコミックの裾野の広さを感じる。前作の狼の口でスイス建国を描いたが、この時点からバラ戦争をどうやって描くのか。胸糞の悪い描写は健在。主役筋を張るであろうブラッド・ハーディングとその息子は格好良いので、前作の様にそこを思いっきり裏切ってくるのか、それとも普通にエンタメするのか、そこは注目しておきたい。何となくまたやっちゃうような気がするんだけどね。三浦健太郎と森薫の弟子とは思えないというか、二人が捨てたものを拾っている感じがするからなぁ …続きを読む
    どら
    2022年07月23日
    7人がナイス!しています
  • 『狼の口~ヴォルフスムント』の久慈光久の新しい長編作品(かな?)。久慈氏のフェティシズム全開っぷりは相変わらずであり、並々ならぬアーマード・バトルや人体破壊へのこだわりとか、主要人物のねちっこいまでの 『狼の口~ヴォルフスムント』の久慈光久の新しい長編作品(かな?)。久慈氏のフェティシズム全開っぷりは相変わらずであり、並々ならぬアーマード・バトルや人体破壊へのこだわりとか、主要人物のねちっこいまでのキャラクター描写とか(主にヨーク公リチャード)、主従・父子のブロマンスとか(片想いだけど)、清々しいまでのヘキ開陳っぷりである。それにも増してフェチを感じるのは、本作の題材が薔薇戦争(1455-87)そのものではなく、その前段となった事件であるジャック・ケイドの反乱(1450)だというところ。好き。 …続きを読む
    Gasse
    2022年07月26日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品