試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月15日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
200
ISBN:
9784047353473

甲冑武闘

  • 著者 久慈 光久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年04月15日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
200
ISBN:
9784047353473

歴史上の1対1バトルに焦点を当てた皆塵作品集!

ランカスター方ノーサンバーランド伯の配下、辺境騎士のウィリアムは、無敵の両手剣使いだった。戦場で敵なしのウィリアムのまえに、同じ得物を扱う敵方の兵士が現れる。両手剣を短くつかんだハーフソードの構えを見せる相手は、まだ若いブライスフィールドの騎士ジョン。ウィリアムはジョンの才能に、生きる価値を見いだした……。表題作「甲冑武闘(アーマード・バトル)」ほか、歴史のなかで行われてきた1対1の戦いを、連作形式で描き上げるのが今作品。作者の久慈光久はローマの剣闘奴隷やギリシャ人、そしてスイス志願兵のなかに、不撓(ふとう・へし曲げられず)不屈(ふくつ・折り曲げられぬ)の物語を見いだす。中篇3作品にショートを3作合わせて収録した、久慈光久の第2作品集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「甲冑武闘」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『狼の口』にてリアルな紛争を描き出してみせた作者の短編集。表題作は、重装備の甲冑騎士として戦場にだけ生きた男の人生。真珠採りで養った肺活量を生かした集中力と美麗な剣技で生き抜いていく女剣闘士アキレイア 『狼の口』にてリアルな紛争を描き出してみせた作者の短編集。表題作は、重装備の甲冑騎士として戦場にだけ生きた男の人生。真珠採りで養った肺活量を生かした集中力と美麗な剣技で生き抜いていく女剣闘士アキレイア。その他の小品も含め、興味深く面白いが、大作の序章といった感じは拭えない。もっと読みたいぞアキレイア!! …続きを読む
    眠る山猫屋
    2019年04月28日
    34人がナイス!しています
  • 絵も古いし、コマ割りは昭和。ページあたり8コマ9コマ使って剣術格闘の細部を描いていくのは、端的に言って地味。とはいえ、ディティールに拘ったリアルで泥臭い戦いは非常に好み。少年漫画めいた超人要素はなく、 絵も古いし、コマ割りは昭和。ページあたり8コマ9コマ使って剣術格闘の細部を描いていくのは、端的に言って地味。とはいえ、ディティールに拘ったリアルで泥臭い戦いは非常に好み。少年漫画めいた超人要素はなく、強さには合理的な裏付けがある。爽快感も救いもない結末で、それもまた個人的には大好きなのだが、これはまあ、人気出ないだろうな。俺が買い支えねば、と妙な使命感に駆られる一冊。 …続きを読む
    ご飯ライス@へんじがないただのしかばねのようだ
    2019年11月01日
    10人がナイス!しています
  • 中世だけでなく剣闘士ということは古代も含めての「武闘」ということか。それだけの年代を描くということは資料も幅広いと思うと、作者の苦労には頭が下がります。あと、古プレートアーマーは銃器黎明期のころに増え 中世だけでなく剣闘士ということは古代も含めての「武闘」ということか。それだけの年代を描くということは資料も幅広いと思うと、作者の苦労には頭が下がります。あと、古プレートアーマーは銃器黎明期のころに増えてきたということなので、表題作はその頃の年代なのか(その割には銃器の描写がなかったような)それとも日本人の持っているイメージが優先だったのか。そんな年代考証が気になりつつも、面白いからいいかとも思う。 …続きを読む
    ざっきー
    2019年04月27日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品