迷宮の扉 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月21日
商品形態:
電子書籍

迷宮の扉

  • 著者 横溝 正史
発売日:
2022年07月21日
商品形態:
電子書籍

横溝正史生誕120年記念復刊! 横溝正史の異色傑作!

金田一耕助の行く所、必ず事件あり。三浦半島巡りを楽しんでいた金田一は、嵐に遭い、竜神館という屋敷へ逃げこんだ。直後、一発の銃声と共に背中を撃たれた男が土間に倒れこんできた。殺された男は、毎年この屋敷の主、東海林日奈児少年の誕生日に、カードを届け、ケーキを切りにくる男だった。莫大な財産をめぐる人々の葛藤をテーマに、完璧なトリックと緻密な構成で描く傑作本格推理、ほか二篇。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「迷宮の扉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 金田一シリーズ。中学生雑誌掲載とのことだが、読み応え十分。導入の謎の提示からどんな展開になるのかとわくわくした。それだけにあの結末はいかがなものか。他にも短篇が2つ。どちらもジュニア向けとのこと。「片 金田一シリーズ。中学生雑誌掲載とのことだが、読み応え十分。導入の謎の提示からどんな展開になるのかとわくわくした。それだけにあの結末はいかがなものか。他にも短篇が2つ。どちらもジュニア向けとのこと。「片耳の男」はなかなかよかった。 …続きを読む
    agtk
    2022年08月10日
    3人がナイス!しています
  • よ5-62 横溝正史没後40年&生誕120年記念企画第五弾。ジュブナイル作品2冊目。表題作は金田一シリーズの作品。少年が犠牲となる話だった。遺産の相続人同士を憎みあい、殺させあう蠱毒のような遺言状は『 よ5-62 横溝正史没後40年&生誕120年記念企画第五弾。ジュブナイル作品2冊目。表題作は金田一シリーズの作品。少年が犠牲となる話だった。遺産の相続人同士を憎みあい、殺させあう蠱毒のような遺言状は『犬神家』を連想させ、非常に陰鬱。ましてやそれが自身の子に向けてのものだと思うと、親のエゴが尋常ではなく、とても少年少女向けとは思えない。発表当時は受け入れられたのだろうか。併録されている2作はどちらもノンシリーズの掌編。「片耳の男」はほっこりとするような読後感。「動かぬ時計」は幻想的な感じ。 …続きを読む
    そーだ
    2022年07月28日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品