小説 野性時代 第225号 2022年8月号

小説 野性時代 第225号 2022年8月号 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月25日
商品形態:
電子書籍

小説 野性時代 第225号 2022年8月号

  • 編 小説野性時代編集部
発売日:
2022年07月25日
商品形態:
電子書籍

三上延による「百鬼園事件帖」シリーズ、お笑いコンビ「ラランド」のニシダによる暗黒青春小説を読み切り掲載!

カツセマサヒコ、伊岡 瞬をはじめとする豪華連載陣による連載も盛り沢山。今最も旬の小説が読める文芸誌「小説 野性時代」8月号もお見逃しなく!
―――――
「小説 野性時代 新人賞」応募フォームはこちら

○バックナンバーのご購入はこちら

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

【読切】
三上 延――百鬼園事件帖 竹杖 前篇
舞台は昭和初期の神楽坂。内田百間先生が謎を解く、ちょっと怪しい連作ミステリ。

ラランド・ニシダ――遺影
夏休み。僕はクラスで虐められている女子の遺影を作ることになった。
お笑いコンビ「ラランド」のニシダによる暗黒青春小説。

【連載】
赤川次郎――余白の迷路
伊岡 瞬――清算
今村翔吾――天弾
角田光代――明日も一日きみを見てる
カツセマサヒコ――第四地区
今野 敏――脈動
西條奈加――隠居おてだま
真山 仁――ロスト7
薬丸 岳――最後の祈り
吉川トリコ――あわのまにまに

【コラム】
告白します――穂波 了「草も土も風も雨もない家」
告白します――秋山寛貴(ハナコ)「ある恩人への感謝を告白したい」
私の黒歴史――松城 明「流れよわが涙、と就活生は言った」

【記事】
Book Review「物語は。」吉田大助
――小川 哲『地図と拳』

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品