試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年04月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041124437

夏の陰

  • 著者 岩井 圭也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年04月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041124437

殺人犯の息子と被害者の息子、交わらぬ二人が相見える時。罪と赦しの物語

自分が認められることなどあってはならない。殺人犯の息子なのだから――。息を潜め生きてきた岳を導いてくれたのは、中学時代、ボランティアで剣道を指導してくれた柴田だった。やり場のない気持ちを剣道にぶつけてきた岳は、父が殺した警察官の息子・和馬と遭遇する。既に剣道で名を馳せる和馬との接触を絶とうとする岳に、柴田は「最後に岳の試合を見せてほしい」と言い……思わぬラストで涙腺が決壊する罪と赦しの物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 竹の檻
第二章 父の眼
第三章 陰の絆
エピローグ

メディアミックス情報

NEWS

「夏の陰」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 3年前に刊行された単行本に加筆修正した文庫版。単行本は未読なので詳細は不明だ。殺人者の父親を持つ岳と、父親を殺された和馬。加害者の家族と被害者の家族という違いはあるが、2人には共通点があった。その象徴 3年前に刊行された単行本に加筆修正した文庫版。単行本は未読なので詳細は不明だ。殺人者の父親を持つ岳と、父親を殺された和馬。加害者の家族と被害者の家族という違いはあるが、2人には共通点があった。その象徴として剣道がある。本書は父親を失った家族の物語、少年の成長譚、贖罪の行方など様々な読み方ができるが、ぼくは本作を“ハードボイルド”と捉えた。ミステリーの1ジャンルではない。男の生き様の話だ。人はいかに生きるのかという話なのだ。 …続きを読む
    ぽてち
    2022年04月26日
    35人がナイス!しています
  • 15年前、警官を射殺した末に自殺した犯罪者の息子・倉内岳と、殺された警官の息子・辰野和馬。そんな二人が剣道を通じて再会してしまい、複雑な想いを募らせてゆく物語。世間から背を向けて、公式戦にもほとんど出 15年前、警官を射殺した末に自殺した犯罪者の息子・倉内岳と、殺された警官の息子・辰野和馬。そんな二人が剣道を通じて再会してしまい、複雑な想いを募らせてゆく物語。世間から背を向けて、公式戦にもほとんど出場したことがなかった岳と、因縁の京都県警で思いを燻らせていた和馬。岳が恩師のために一度だけ出場した全日本剣道選手権の京都予選で二人が激突する展開で、明らかになってゆく事実やエピローグが事件の印象を少し変えたりもしますが、それでもこういう過去や抱えてきた思いは消えないし、そうそう割り切れるものでもないですよね。 …続きを読む
    よっち
    2022年04月24日
    29人がナイス!しています
  • 殺人犯の父を持った岳と殺人犯に父を奪われた和馬が呪いから放たれるまでの物語。前半が加害者側の岳の苦悩、後半は被害者側の和馬の苛立ち、両方の視点を知ることで終盤に剣道を通して、ぶつかり合う2人に圧倒され 殺人犯の父を持った岳と殺人犯に父を奪われた和馬が呪いから放たれるまでの物語。前半が加害者側の岳の苦悩、後半は被害者側の和馬の苛立ち、両方の視点を知ることで終盤に剣道を通して、ぶつかり合う2人に圧倒されました。最後の種明かしには救いがありました。ブログにて→ https://wing31.hatenadiary.jp/entry/2022/04/22/210000 …続きを読む
    ツバサ
    2022年04月22日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品