試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年04月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041124437

夏の陰

  • 著者 岩井 圭也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年04月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041124437

殺人犯の息子と被害者の息子、交わらぬ二人が相見える時。罪と赦しの物語

自分が認められることなどあってはならない。殺人犯の息子なのだから――。息を潜め生きてきた岳を導いてくれたのは、中学時代、ボランティアで剣道を指導してくれた柴田だった。やり場のない気持ちを剣道にぶつけてきた岳は、父が殺した警察官の息子・和馬と遭遇する。既に剣道で名を馳せる和馬との接触を絶とうとする岳に、柴田は「最後に岳の試合を見せてほしい」と言い……思わぬラストで涙腺が決壊する罪と赦しの物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 竹の檻
第二章 父の眼
第三章 陰の絆
エピローグ

メディアミックス情報

NEWS

「夏の陰」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 単行本が図書館になく、ちょうど文庫化のタイミングだったのでこちらを購入。殺人犯の息子である岳と、被害者となった警察官の息子、和馬。正反対の立場である二人の青年が、剣道を介し、期せずして出会うこととなる 単行本が図書館になく、ちょうど文庫化のタイミングだったのでこちらを購入。殺人犯の息子である岳と、被害者となった警察官の息子、和馬。正反対の立場である二人の青年が、剣道を介し、期せずして出会うこととなる。作品の大部分を占める第一章、第二章は事件によってそれぞれ辛い人生を歩んできた二人の過去がじっくり語られる。そしていざ相まみえた第三章。剣道の知識は皆無だったが、試合の緊張感や迫力がビシビシ伝わってきて圧巻だった。読了後もしばし余韻に浸りたくなる素晴らしい作品。 …続きを読む
    2022年05月17日
    72人がナイス!しています
  • 2022年上半期ベスト1。このエピローグは切な過ぎてやばい。 2022年上半期ベスト1。このエピローグは切な過ぎてやばい。
    三代目けんこと
    2022年06月15日
    39人がナイス!しています
  • 3年前に刊行された単行本に加筆修正した文庫版。単行本は未読なので詳細は不明だ。殺人者の父親を持つ岳と、父親を殺された和馬。加害者の家族と被害者の家族という違いはあるが、2人には共通点があった。その象徴 3年前に刊行された単行本に加筆修正した文庫版。単行本は未読なので詳細は不明だ。殺人者の父親を持つ岳と、父親を殺された和馬。加害者の家族と被害者の家族という違いはあるが、2人には共通点があった。その象徴として剣道がある。本書は父親を失った家族の物語、少年の成長譚、贖罪の行方など様々な読み方ができるが、ぼくは本作を“ハードボイルド”と捉えた。ミステリーの1ジャンルではない。男の生き様の話だ。人はいかに生きるのかという話なのだ。 …続きを読む
    ぽてち
    2022年04月26日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品