殺人者の白い檻 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月29日
商品形態:
電子書籍

殺人者の白い檻

  • 著者 長岡 弘樹
発売日:
2022年07月29日
商品形態:
電子書籍

父母を殺した死刑囚、あなたならその命、救えますか?

刑務所のすぐ隣という、特殊な環境に立地する総合病院に勤務する腕の良い脳外科医の尾木敦也。彼は六年前に父母を強盗に殺害されて以来、精神的に不安定になり深刻なスランプに陥っていた。そんなある日、刑務所からクモ膜下出血で搬送されてきた「スペ患」の執刀を、院長命令で担当することになる。緊急開頭手術で命を救うことはできたものの、スペ患の正体が両親の命を奪った死刑囚・定永宗吾だったことを知り、尾木は懊悩と悔恨の迷路に彷徨い込む。そして定永は、逮捕と死刑の判決以降も自身の犯行を一貫して否認していた。術後のリハビリを通して、尾木と妹の看護師長・菜々穂は、定永という人間と六年前の事件に、改めて向き合うことになるのだが……。

憎き犯罪者と医師は、どう向き合えば良いのか? 犯罪者の生命は軽いのか、あるいは全ての人間と等しく重いものなのか? 事件の真実と真相はどこにあるのか? 死刑の意義、犯罪更生の理非、医師の倫理、それぞれの命題を通して生命の「軽重」の問いを突きつける、究極の医療ミステリ。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「殺人者の白い檻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 隣に刑務所を位置する総合病院に、ある死刑囚が脳動脈瘤破裂で運ばれてきた。6年前に両親を殺害された事件後、仕事に身の入らない生活を送ってきた脳外科・尾木。院長の命で手術を執刀、後で知った両親殺害の犯人だ 隣に刑務所を位置する総合病院に、ある死刑囚が脳動脈瘤破裂で運ばれてきた。6年前に両親を殺害された事件後、仕事に身の入らない生活を送ってきた脳外科・尾木。院長の命で手術を執刀、後で知った両親殺害の犯人だと。尾木の妹も同病院のベテラン看護師。患者は犯行を否認し続けている。完全回復しないと死刑執行はされない。リハビリが始まり、目の前に憎き犯人。尾木の苦悩と医者としての倫理観がせめぎ合う。そして、もうひとつの真実、果たして死刑囚の患者は無実なのか。人間の心理を追い詰めていく医療ミステリ。Wの苦悩としておこうか。 …続きを読む
    タイ子
    2022年08月14日
    77人がナイス!しています
  • 脳外科医の敦也のもとに運ばれてきた患者は死刑囚。しかも敦也の両親を殺した犯人だった。この時点でうわっ!となる。ただでさえ難しい脳手術を、そうと知って平常心で行えるのだろうか。究極とも言えるシチュエーシ 脳外科医の敦也のもとに運ばれてきた患者は死刑囚。しかも敦也の両親を殺した犯人だった。この時点でうわっ!となる。ただでさえ難しい脳手術を、そうと知って平常心で行えるのだろうか。究極とも言えるシチュエーションと手術のリアルな描写にくらくらしそう。しかし事態はさらに複雑だった。そんなことってある?と、思わぬ方向に展開する。全く関係ないが京アニ放火殺人事件を思い出した。30人以上も殺害し、重傷を負った犯人を助けた医療スタッフはどんな気持ちで患者と向き合ったのだろう。 …続きを読む
    itico
    2022年08月09日
    66人がナイス!しています
  • 長岡さんの最新作は長編医療ミステリ。長編といっても頁数にして246頁とコンパクトに纏められていて無駄な描写がなく読みやすい。物語の舞台は刑務所のすぐ隣にある総合病院。優秀な脳外科医・尾木敦也がクモ膜下 長岡さんの最新作は長編医療ミステリ。長編といっても頁数にして246頁とコンパクトに纏められていて無駄な描写がなく読みやすい。物語の舞台は刑務所のすぐ隣にある総合病院。優秀な脳外科医・尾木敦也がクモ膜下出血で搬送されて来た死刑囚・定永宗吾のオペをする場面から物語は展開していく。手術は無事成功するが助けた患者は6年前、自分の両親を殺害した人物だった。命を救う医師と命を奪った犯人の行先は…。登場人物が少なくミステリ好きな人であれば真相は予想出来るはず。重厚さを期待すると物足りないが、程よい緊張感を楽しめる一冊。 …続きを読む
    よつば🍀
    2022年08月13日
    58人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品