試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041076521

白衣の嘘

  • 著者 長岡 弘樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041076521

この結末は見抜けない! ミステリファン必読、名手の医療ミステリ短編集

苦手な縫合の練習のため、シミュレーターに向かう内科医の副島。彼が担当した女性患者はある秘密を抱えていた(「最後の良薬」)。バレーボール日本代表の彩夏と、医者である姉の多佳子。二人は実家に向かう途中でトンネル崩落事故に巻き込まれてしまう。運転席に閉じ込められた妹に対して多佳子がとった意外な行動とは(「涙の成分比」)。医療の現場を舞台に描き出す、鮮やかな謎と予想外の結末。名手による傑作ミステリ集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「白衣の嘘」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 見事な医療ミステリ短編集。短編ミステリの旗手である長岡氏らしい。ラストの数行であっという謎解きを。どれもこれも鮮やかにメスが振るわれ過ぎて僕はその頁辺りを読み返し納得。緻密で計算された一見冷徹な伏線だ 見事な医療ミステリ短編集。短編ミステリの旗手である長岡氏らしい。ラストの数行であっという謎解きを。どれもこれも鮮やかにメスが振るわれ過ぎて僕はその頁辺りを読み返し納得。緻密で計算された一見冷徹な伏線だらけの長岡氏特有のミステリ。上医は国を医し、中医は人を医し、下医は病を医す、は、勉強になったな。ネットで検索すると数々の医師の方々が座右の銘にしているよう。そしてこの銘がこの医療短編ミステリを総称しているかに読後想えたのであった。国を医やす迄は流石に出て来なかったが。 …続きを読む
    あすなろ
    2019年11月18日
    87人がナイス!しています
  • 医療ものは色々な方が書かれていますが、長岡さんの医療サスペンスも面白い。教場・陽だまりの偽りに続いて3冊目だが、私はこれを一番に押すかな。医者もただの人間。その弱さとか世渡りが下手のとことかを炙りだし 医療ものは色々な方が書かれていますが、長岡さんの医療サスペンスも面白い。教場・陽だまりの偽りに続いて3冊目だが、私はこれを一番に押すかな。医者もただの人間。その弱さとか世渡りが下手のとことかを炙りだしています。まぁ長岡さんですから刑事も登場しますがね。医者であっても人である以上、切ない想いもふんだんに込められた短編集でした。 …続きを読む
    はつばあば
    2020年01月27日
    74人がナイス!しています
  • 全6作の短編集だった。どの作品もとても心に残るミステリーであり、作品を読み終えた後は、「なるほど、そうなんか!」と思わされた。著者の作品は初めて読んだが、他の作品も読んでみようと思った。 全6作の短編集だった。どの作品もとても心に残るミステリーであり、作品を読み終えた後は、「なるほど、そうなんか!」と思わされた。著者の作品は初めて読んだが、他の作品も読んでみようと思った。
    てつのすけ
    2020年05月12日
    55人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

展開されていくストーリーに余計な枝葉が無い分、全ての伏線が回収されるラストが秀逸。人々の細やかな心の機微が繊細に描かれた『贖罪』がテーマの美しい物語。心にしみた。

医療に携わる人が嘘をついていたら……。考えるとゾッとします。でも、医者だって人間。嘘をつかざるを得ないこともあるかもしれません。緊迫感のある舞台設定の中、思いがけない展開をする話の連続で、読みかけたら、途中で止めることはできませんでした。どれも重く、切ない話ではあるけれど、最後には光が見えました。

今までにない新しい医療ミステリの誕生!!短編集ながら、ひとつひとつが長編を読んだような圧倒的な密度と満足感!!そして、いいものを読んだと感じる読後感と余韻。作者渾身の処方箋!!心に効きました。希望をありがとう!!

最近チェックした商品