角川文庫

白衣の嘘

この結末は見抜けない! ミステリファン必読、名手の医療ミステリ短編集

  • 著者 長岡 弘樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041076521
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

白衣の嘘

この結末は見抜けない! ミステリファン必読、名手の医療ミステリ短編集

  • 著者 長岡 弘樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041076521

この結末は見抜けない! ミステリファン必読、名手の医療ミステリ短編集

苦手な縫合の練習のため、シミュレーターに向かう内科医の副島。彼が担当した女性患者はある秘密を抱えていた(「最後の良薬」)。バレーボール日本代表の彩夏と、医者である姉の多佳子。二人は実家に向かう途中でトンネル崩落事故に巻き込まれてしまう。運転席に閉じ込められた妹に対して多佳子がとった意外な行動とは(「涙の成分比」)。医療の現場を舞台に描き出す、鮮やかな謎と予想外の結末。名手による傑作ミステリ集。

トピックス

読者モニターレビュー

展開されていくストーリーに余計な枝葉が無い分、全ての伏線が回収されるラストが秀逸。人々の細やかな心の機微が繊細に描かれた『贖罪』がテーマの美しい物語。心にしみた。

医療に携わる人が嘘をついていたら……。考えるとゾッとします。でも、医者だって人間。嘘をつかざるを得ないこともあるかもしれません。緊迫感のある舞台設定の中、思いがけない展開をする話の連続で、読みかけたら、途中で止めることはできませんでした。どれも重く、切ない話ではあるけれど、最後には光が見えました。

今までにない新しい医療ミステリの誕生!!短編集ながら、ひとつひとつが長編を読んだような圧倒的な密度と満足感!!そして、いいものを読んだと感じる読後感と余韻。作者渾身の処方箋!!心に効きました。希望をありがとう!!

最近チェックした商品