白衣の嘘

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041037317

白衣の嘘

  • 著者 長岡 弘樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
208
ISBN:
9784041037317

短編名手が放つ、珠玉のミステリ六編!

悲哀にみちた人間ドラマ。温かな余韻が残るラスト。
『傍聞き』『教場』を超える、傑作ミステリ集!

バレーボール全日本の女子大生・彩夏と、彼女を溺愛する医者の姉・多佳子。彩夏の運転で実家に向かう途中、ふたりはトンネル崩落事故に遭ってしまう。運転席に閉じ込められた妹に対して姉がとった意外な行動とは……(「涙の成分比」)。

命を懸けた現場で交錯する人間の欲望を鮮やかに描く、珠玉の六編。


「いつか“命”をテーマに医療の世界をミステリとして書きたいと思っていました。自分にとって集大成と言える作品です」――長岡弘樹

もくじ

第1話 最後の良薬
第2話 涙の成分比
第3話 小医は病を治し
第4話 ステップバイステップ
第5話 彼岸の坂道
第6話 小さな約束


おすすめコメント

医療の視線は、人々の営みを見つめる眼差しだ。
そこには極上のドラマがありミステリがある。見事な短編集だ――今野敏氏

緻密な設計図と、どこに連れていかれるか分からない期待感。
自分には書くことのできない、巧みな構造美だ。――柚月裕子氏

トピックス

  • 2016年11月15日

    「GLOW」12月号の書評に取り上げられました! 評者は文芸評論家の井家上隆幸です。ぜひご覧ください!

メディアミックス情報

NEWS

「白衣の嘘」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 長岡さんを読むのも8作目。作品を追うごとにドライさが増している感じで、良い意味でも悪い意味でもアッサリした読後感。相変わらず無駄な文章が全くなく、研ぎ澄まされた刃物のような鋭利さで読み手に切り込んでく 長岡さんを読むのも8作目。作品を追うごとにドライさが増している感じで、良い意味でも悪い意味でもアッサリした読後感。相変わらず無駄な文章が全くなく、研ぎ澄まされた刃物のような鋭利さで読み手に切り込んでくるので、一文でも見逃すと 意味が分からなくなるから気が抜けない。主人公に共感できる描写が少ないので、 感動できる要素があるのに効いていないのが残念。『傍聞き』の4編のように情の 部分を残してくれれば、多くの人に勧められるのだが・・・。本作はミステリとしても ヒューマンドラマとしても中途半端な印象だった。 …続きを読む
    しんたろー
    2017年03月02日
    222人がナイス!しています
  • 図書館本。医療関係をテーマにした短編集。ちょっと闇の部分が垣間見えて「教場」を思い出しました。バレーボール日本代表選手が事故に巻き込まれた「涙の成分比」が印象的。 図書館本。医療関係をテーマにした短編集。ちょっと闇の部分が垣間見えて「教場」を思い出しました。バレーボール日本代表選手が事故に巻き込まれた「涙の成分比」が印象的。
    ナイスネイチャ
    2017年01月09日
    220人がナイス!しています
  • なんとなく全体的に暗い。犯罪の事実を隠して暮らしている人の話が多かったからか。『小説 野性時代』:「最後の良薬」2014年3月号、「涙の成分比」2015年6月号、「小医は病を医し」2015年4月号、「 なんとなく全体的に暗い。犯罪の事実を隠して暮らしている人の話が多かったからか。『小説 野性時代』:「最後の良薬」2014年3月号、「涙の成分比」2015年6月号、「小医は病を医し」2015年4月号、「ステップ・バイ・ステップ」2014年6月号、「彼岸の坂道」2015年9月号、「小さな約束」2014年9月号 …続きを読む
    takaC
    2017年01月13日
    195人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

展開されていくストーリーに余計な枝葉が無い分、全ての伏線が回収されるラストが秀逸。人々の細やかな心の機微が繊細に描かれた『贖罪』がテーマの美しい物語。心にしみた。

医療に携わる人が嘘をついていたら……。考えるとゾッとします。でも、医者だって人間。嘘をつかざるを得ないこともあるかもしれません。緊迫感のある舞台設定の中、思いがけない展開をする話の連続で、読みかけたら、途中で止めることはできませんでした。どれも重く、切ない話ではあるけれど、最後には光が見えました。

今までにない新しい医療ミステリの誕生!!短編集ながら、ひとつひとつが長編を読んだような圧倒的な密度と満足感!!そして、いいものを読んだと感じる読後感と余韻。作者渾身の処方箋!!心に効きました。希望をありがとう!!

著者紹介

長岡 弘樹(ながおか・ひろき)

1969年山形県生まれ。筑波大学第一学群社会学類卒業。2003年「真夏の車輪」で小説推理新人賞を受賞し、05年『陽だまりの偽り』でデビュー。08年「傍聞き」で第61回日本推理作家協会賞短編部門を受賞、文庫『傍聞き』は「おすすめ文庫王国2012」国内ミステリー部門1位に選ばれた。13年刊行の『教場』は「週刊文春ミステリーベスト10」国内部門1位、「本屋大賞」6位となった。他の著書に『線の波紋』『波形の声』『群青のタンデム』『教場2』『赤い刻印』などがある。

最近チェックした商品