味比べ 時代小説アンソロジー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041122556

味比べ 時代小説アンソロジー

  • 著者 宮部 みゆき
  • 著者 青山 文平
  • 著者 梶 よう子
  • 著者 門井 慶喜
  • 著者 西條 奈加
  • 編者 大矢 博子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041122556

人生にはさまざまな味わいがある。人気作家による江戸ご飯アンソロジー!

門外不出の味が麹町の菓子屋に登場し、思わぬ騒動を招く(「カスドース」西條奈加)。花見弁当屋が夏場に店を閉める理由とは(「食客ひだる神」宮部みゆき)。減量に励む役者に、御薬園同心が供した心と体に効く一品(「大根役者」梶よう子)。宴会で突如起きた老武士の刃傷沙汰の謎を追う(「真桑瓜」青山文平)。剣を持たぬ新選組の賄方が、間諜をするはめになる(「ぜんざい屋事件」門井慶喜)など全5篇。食と”謎”の絶品アンソロジー。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

カスドース 西條奈加
食客ひだる神 宮部みゆき
大根役者 梶よう子
真桑瓜 青山文平
ぜんざい屋事件 門井慶喜
解説 大矢博子

メディアミックス情報

NEWS

「味比べ 時代小説アンソロジー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 5人の時代小説の名手によるアンソロジー。梶よう子さんを除いてはどれも既読作品だったが、忘れかけているのもあるので改めて面白く読んだ。宮部みゆきさんの「三島屋百物語」からの作品が季節的にもいい。作中で桜 5人の時代小説の名手によるアンソロジー。梶よう子さんを除いてはどれも既読作品だったが、忘れかけているのもあるので改めて面白く読んだ。宮部みゆきさんの「三島屋百物語」からの作品が季節的にもいい。作中で桜を「どんなに満開に咲き誇っていても桜はどこか儚く寂しくけっして賑やかな花ではない。いっそしめやかと評したい風情」(原文省略)確かにとナットク。梶さんの「大根役者」もいい。どんな料理にも合う大根、大根役者の謂れが1人の男を奮い立たせる物語。門井慶喜さんにあってはよくこの短編を選んだなと選者の渋さに感服。 …続きを読む
    タイ子
    2022年04月06日
    92人がナイス!しています
  • 食を物語の中心に据えた時代小説の短編集。個人的には「真桑瓜」が一番面白かった。若い目付に命じられた刃傷沙汰の捜査。宴席で90歳前の老人が同じ歳の友人を斬りつける事件が発生。全く口を割らない下手人だが食 食を物語の中心に据えた時代小説の短編集。個人的には「真桑瓜」が一番面白かった。若い目付に命じられた刃傷沙汰の捜査。宴席で90歳前の老人が同じ歳の友人を斬りつける事件が発生。全く口を割らない下手人だが食事に出された真桑瓜を見た途端に様子が激変したという。その隠された真実に泣けた。「大根役者」は今でも耳にする言葉だがその由来、更にこの時代のダイエット奮闘記がとにかく笑える。「ぜんざい屋事件」では新選組か登場。大阪のあるぜんざい屋が不穏分子の巣窟になっているという。決定打はその店の味だった。頭を空にしてどうぞ。 …続きを読む
    ま~くん
    2022年06月28日
    31人がナイス!しています
  • 食に関する時代小説アンソロジー。既読は宮部みゆきの三島屋シリーズ。西條奈加「カスドース」は読みたかった「まるまるの毬」収録作品。青山文平「真桑瓜」のラストは何ともやるせない思いが残った。 食に関する時代小説アンソロジー。既読は宮部みゆきの三島屋シリーズ。西條奈加「カスドース」は読みたかった「まるまるの毬」収録作品。青山文平「真桑瓜」のラストは何ともやるせない思いが残った。
    アリス
    2022年04月27日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品