夫婦商売 時代小説アンソロジー

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041122518

夫婦商売 時代小説アンソロジー

  • 著者 澤田 瞳子
  • 著者 青山 文平
  • 著者 宇江佐 真理
  • 著者 諸田 玲子
  • 著者 山本 一力
  • 著者 山本 兼一
  • 編者 末國 善己
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041122518

江戸の町には、涙と笑いが溢れている。人気作家たちによる絶品アンソロジー

履き物屋夫婦と街の人々との交流を描く(「もみじ時雨」山本一力)。旅籠屋夫婦が泊めたお客は訳ありで……(「駆け落ち」諸田玲子)。海産物問屋の手代に託された密命とは(「痛むか、与茂吉」澤田瞳子)。我がまま夫婦の箸屋で働くおふくを事件が襲う(「粒々辛苦」宇江佐真理)。貧乏旗本と町娘との曖昧な恋を描く(「逢対」青山文平)。若夫婦の古道具屋を訪れるのは変な客ばかり(「平蜘蛛の釜」山本兼一)。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

「もみじ時雨」……山本一力
「駆け落ち」……諸田玲子
「痛むか、与茂吉」……澤田瞳子
「粒々辛苦」……宇江佐真理
「逢対」……青山文平
「平蜘蛛の釜」……山本兼一

メディアミックス情報

NEWS

「夫婦商売 時代小説アンソロジー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 夫婦と商売がテーマのアンソロジー6話。既読の作品もあったが夫婦色々、商売あれこれ、どれも良い。どんな困難もあなたと一緒なら・・かぁ。実家が長く自営業だったので、24時間何十年も一緒にいる両親を見てきた 夫婦と商売がテーマのアンソロジー6話。既読の作品もあったが夫婦色々、商売あれこれ、どれも良い。どんな困難もあなたと一緒なら・・かぁ。実家が長く自営業だったので、24時間何十年も一緒にいる両親を見てきた。人を使う難しさも知っている。良い時ばかりじゃない。それでもなお夫婦であり続けた両親は偉かったなぁ。ふとそんなことを思ってしまった。本作は商売を通して見えるもの、夫婦だから感じるものが好い。女の見事さの方が印象に残る感じではあったが(笑) …続きを読む
    いつでも母さん
    2022年04月29日
    153人がナイス!しています
  • 名だたる時代小説の名手が名を連ねるアンソロジーで、テーマは'夫婦'と'商い'です。今さらながら初読みの作家さんばかりで、存分に楽しませてもらいました。男性三人、女性三人と読みましたが、個人的に女性作家 名だたる時代小説の名手が名を連ねるアンソロジーで、テーマは'夫婦'と'商い'です。今さらながら初読みの作家さんばかりで、存分に楽しませてもらいました。男性三人、女性三人と読みましたが、個人的に女性作家さんの作品がどれも印象的でした。澤田さん、諸田さんは改めて他の作品を読みたくなりましたね。数多くあるので、何から読んでいいのか悩んでしまいますが。本作には6組の様々な夫婦が登場します。どの作品もとにかく奥方が凛としている姿に惹かれます。夫婦それぞれに色んな歩みがあるんだなと、深く考えさせてくれる作品でした。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2022年04月12日
    125人がナイス!しています
  • 6人の作家がそれぞれに異なる商売に於いて夫婦が築く絆と商売の難しさ、楽しさを6者6様の形で味わえるのでどれもさすがと言えます。諸田さんの「駆け落ち」はラストに見せる人が辿る命運の違いにため息。宇江佐さ 6人の作家がそれぞれに異なる商売に於いて夫婦が築く絆と商売の難しさ、楽しさを6者6様の形で味わえるのでどれもさすがと言えます。諸田さんの「駆け落ち」はラストに見せる人が辿る命運の違いにため息。宇江佐さんの「粒々辛苦」は「口入れ屋おふく」からの一遍なのだが、他のアンソロジーでもおふくさんが取り上げられてた記憶があり、いかに一つの作品に宇江佐さんの魅力が詰まっているのか改めて知る。口入れ屋のおふくさんが女中の仕事で他家に入りその家の実情を垣間見て人生を学ぶという話。青山さんの「逢対」は何度読んでもいい。 …続きを読む
    タイ子
    2022年04月14日
    85人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品