龍華記

南都焼討──平家の業火が生む、憎しみと復讐。著者渾身の歴史小説。

  • 著者 澤田 瞳子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041072158
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

龍華記

南都焼討──平家の業火が生む、憎しみと復讐。著者渾身の歴史小説。

  • 著者 澤田 瞳子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041072158

南都焼討──平家の業火が生む、憎しみと復讐。著者渾身の歴史小説。

高貴な生まれながら、興福寺の僧兵に身を置く、範長。
興福寺を守る使命を背負う範長の従兄弟、信円。
そして、南都焼討からの復興に奔走する仏師、運慶。

時は、平家が繁栄を極める平安末期。高貴な出自でありながら、悪僧(僧兵)として南都興福寺に身を置く範長は、都からやってくるという国検非違使別当らに危惧をいだいていた。検非違使が来るということは、興福寺がある南都をも、平家が支配するという目論みだからだ。検非違使の南都入りを阻止するため、仲間の僧兵たちとともに、般若坂へ向かう範長。だが、検非違使らとの小競り合いが思わぬ乱戦となってしまった。激しい戦いの最中、検非違使別当を殺めた範長は、己の犯した罪の大きさをまだ知らなかった──平家が南都を火の海にし、人々を憎しみの連鎖に巻き込もうとすることを。

この著者の商品

最近チェックした商品