龍華記

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月28日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041072158

龍華記

  • 著者 澤田 瞳子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月28日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041072158

南都焼討──平家の業火が生む、憎しみと復讐。著者渾身の歴史小説。

高貴な生まれながら、興福寺の僧兵に身を置く、範長。
興福寺を守る使命を背負う範長の従兄弟、信円。
そして、南都焼討からの復興に奔走する仏師、運慶。

時は、平家が繁栄を極める平安末期。高貴な出自でありながら、悪僧(僧兵)として南都興福寺に身を置く範長は、都からやってくるという国検非違使別当らに危惧をいだいていた。検非違使が来るということは、興福寺がある南都をも、平家が支配するという目論みだからだ。検非違使の南都入りを阻止するため、仲間の僧兵たちとともに、般若坂へ向かう範長。だが、検非違使らとの小競り合いが思わぬ乱戦となってしまった。激しい戦いの最中、検非違使別当を殺めた範長は、己の犯した罪の大きさをまだ知らなかった──平家が南都を火の海にし、人々を憎しみの連鎖に巻き込もうとすることを。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「龍華記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 澤田 瞳子は、新作中心に読んでいる作家です。平安末期、平重衡による南都焼討と興福寺の復興というあまり取り上げられないテーマだけに新鮮ですが、逆に物語に入り込めない気がします。著者には凄い作品を書いてい 澤田 瞳子は、新作中心に読んでいる作家です。平安末期、平重衡による南都焼討と興福寺の復興というあまり取り上げられないテーマだけに新鮮ですが、逆に物語に入り込めない気がします。著者には凄い作品を書いていただき、満場一致で直木賞を受賞して欲しいと思います。 …続きを読む
    starbro
    2018年12月05日
    201人がナイス!しています
  • 興福寺を守る為に巻き込まれた人々、寺も大きくなりすぎると本来の存在意義があやふやになる。怨みを捨てねば怨みは消えない。これをわからせるために書かれたと思う。 興福寺を守る為に巻き込まれた人々、寺も大きくなりすぎると本来の存在意義があやふやになる。怨みを捨てねば怨みは消えない。これをわからせるために書かれたと思う。
    初美マリン
    2018年11月24日
    100人がナイス!しています
  • 澤田瞳子さんは歴史学者でもあるので、この本でもさすが着眼点が違うと思った。時代と舞台は、平安時代後期の源氏と平家が勢力を争っていた、奈良の興福寺。当時は南都と呼ばれていて、東大寺を含め多くの寺院が、大 澤田瞳子さんは歴史学者でもあるので、この本でもさすが着眼点が違うと思った。時代と舞台は、平安時代後期の源氏と平家が勢力を争っていた、奈良の興福寺。当時は南都と呼ばれていて、東大寺を含め多くの寺院が、大きな力を持って悪僧(僧兵)を抱えていた。主人公は興福寺の学侶である範長。平家は南都も支配下に置こうとし、新たに国検非違使を差し向けて来る。やがて南都は平家により焼き討ちに遭う事となる。こんな史実は全く知らなかったので興味深かった。復興に尽力する運慶らも登場して、他の作品同様面白い小説だった。 …続きを読む
    のぶ
    2018年10月27日
    95人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

澤田 瞳子(さわだ とうこ)

1977年京都生まれ。奈良時代仏教制度・正倉院文書を研究したのち、2010年『孤鷹の天』でデビュー。

最近チェックした商品