狐火の辻 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年01月21日
商品形態:
電子書籍

狐火の辻

  • 著者 竹本 健治
発売日:
2022年01月21日
商品形態:
電子書籍

『涙香迷宮』の流れを汲む、鬼才が放つ圧巻のサスペンス・ミステリ。

土砂降りの雨の夜、湯河原の町で起きた轢き逃げ事件。数年後、またも温泉街で生じた交通事故。どちらも犯人逮捕に至らないまま、再び起きた郊外の交通事故では、なぜか被害者が跡形もなく消えてしまった。連続する事故に興味を抱いた刑事の楢津木は、やがて街中で次々に起こる奇妙な出来事や怪談にも繋がりを見出すが捜査は難航。彼はIQ208の天才棋士、牧場智久の力を借り真相解明に乗り出す。本格ミステリ大賞受賞作、『涙香迷宮』の流れを汲む迷宮的サスペンス・ミステリ。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「狐火の辻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 街で起きる事件や噂。過去に起きた轢き逃げ事件に繋がっていき、帯は盛りすぎな気もするけど、きっちりまとまってたかな。竹本健治作品でこんなに綺麗なのもあるのね。 街で起きる事件や噂。過去に起きた轢き逃げ事件に繋がっていき、帯は盛りすぎな気もするけど、きっちりまとまってたかな。竹本健治作品でこんなに綺麗なのもあるのね。
    hnzwd
    2022年05月26日
    16人がナイス!しています
  • 一人不穏な人が混じってるモノローグが大変イヤ。心療内科へお行きなさい……。序の三つの断章が最終的にひとつの話になるんだろうなぁと思いながら読み始めたけど、似たようなパーツが多すぎてどれがどこに付随する 一人不穏な人が混じってるモノローグが大変イヤ。心療内科へお行きなさい……。序の三つの断章が最終的にひとつの話になるんだろうなぁと思いながら読み始めたけど、似たようなパーツが多すぎてどれがどこに付随するのかよく分からなくなる私。作者の思うつぼですな! どうせ最後に分かるんだし…と思考を停止して読み続けるのであった。諦めるのが早すぎるぞよ。智久まだ18なのか……。昔は同年代だったのになぁ…(遠い目) …続きを読む
    ふぃすか
    2022年01月23日
    15人がナイス!しています
  • 手を要求する怪談、雨の中の轢き逃げ、被害者の消えた交通事故、尾行される男…湯河原を舞台に不穏でやや不気味な事件が起こり、それが一つの事実に収束していく様はなかなか面白かった。中でもタクシー怪談について 手を要求する怪談、雨の中の轢き逃げ、被害者の消えた交通事故、尾行される男…湯河原を舞台に不穏でやや不気味な事件が起こり、それが一つの事実に収束していく様はなかなか面白かった。中でもタクシー怪談についての解説が良い。途中まで物語はホラーな様相を見せるが、不倫かと思われた男女が実は心臓移植のドナーの親とレシピエントで、息子のものだった心臓の音を聴く母親、という帰結は胸がじんわり温まるものだった。でも全体的な語り口や台詞回しはいかにも昭和。女性警官の反応とかそうはならんやろって思う箇所も多かった。星:3.5/5 …続きを読む
    冬野
    2022年05月30日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品