試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月12日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
210
ISBN:
9784047368132

高丘親王航海記 IV

  • 漫画 近藤 ようこ
  • 原作 澁澤 龍彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月12日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
210
ISBN:
9784047368132

現代漫画の最高峰、圧倒的幻想冒険譚、遂に完結。

フリースタイル“THE BEST MANGA 2021 このマンガを読め!”第1位

美しくも不吉なる真珠とともに、天竺を目指す親王一行、
生と死が織りなす夢幻に溢れた、遥かなる旅が今、終わる。

澁澤龍彦の遺作にして、日本文学史に屹立する傑作へ挑み、
絶賛の嵐を呼んだ完全コミカライズ、万感の最終巻。

●近藤ようこ ビームコミックス好評既刊●
『蟇の血』(原作:田中貢太郎)『死者の書』上・下巻(原作:折口信夫)『五色の舟』(原作:津原泰水)
『帰る場所』『水の蛇』『月影の御母』『美しの首』『猫の草子』『説経 小栗判官』『宝の嫁』『女神たちと』(共著:河井克夫他)

●コミックビーム 公式ツイッター●
@COMIC_BEAM

メディアミックス情報

NEWS

「高丘親王航海記 IV」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 以前、澁澤龍彦『高丘親王航海記』のレビューで「『高丘親王航海記』は、死の予兆に彩られた小説などではなく、死を乗り越えたその先にある生を信じることで書かれた、澁澤龍彦の生の輝きとしての小説と呼ぶほうが、 以前、澁澤龍彦『高丘親王航海記』のレビューで「『高丘親王航海記』は、死の予兆に彩られた小説などではなく、死を乗り越えたその先にある生を信じることで書かれた、澁澤龍彦の生の輝きとしての小説と呼ぶほうが、相応しいに違いない。」と書いたことがある。近藤ようこのコミカライズを読み終えて、その認識が間違っていなかったと改めて思えた。近藤の細い線で描かれる画は、しかし軽やかさも覚え、死を重く感じさせない。つまり、親王の心境とすんなり重なり合うのだ。(つづく) …続きを読む
    ぐうぐう
    2021年10月30日
    28人がナイス!しています
  • 親王の天竺への旅とは、一体なんだったのだろうか。死(=魂の解放)への憧れだったのかもしれないと、私は感じた。妖しく美しい薬子や可愛らしいパタリヤ・パタタ姫に導かれ、虎にその身を喰わせて天竺へたどり着く 親王の天竺への旅とは、一体なんだったのだろうか。死(=魂の解放)への憧れだったのかもしれないと、私は感じた。妖しく美しい薬子や可愛らしいパタリヤ・パタタ姫に導かれ、虎にその身を喰わせて天竺へたどり着く。その後を迦陵頻伽となった春丸が追っていくのだ。なんだか楽しい冒険みたい。熱に浮かされたような、これを憧れと言わず何と言うのだろうか。御子はきっと天竺へたどり着き、薬子の放った玉のように日本に帰ってくるに違いない。とても切ないけれども、不思議な充足感を感じる物語であった。 …続きを読む
    てんてん(^^)/
    2021年11月02日
    15人がナイス!しています
  • 完結巻。昔に読んだ原作はすっかり忘れていたので新鮮な気持ちでシリーズ読了。死や夢が現実と重なり終始浮遊感に包まれているような話。中にも出て来るけれど不思議の国巡りはプリニウスの旅を連想した。心は天竺に 完結巻。昔に読んだ原作はすっかり忘れていたので新鮮な気持ちでシリーズ読了。死や夢が現実と重なり終始浮遊感に包まれているような話。中にも出て来るけれど不思議の国巡りはプリニウスの旅を連想した。心は天竺に向かった高岳親王の憧れは満たされる時が来るのだろうか。 …続きを読む
    ユキモリ
    2021年10月17日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品