試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
224
ISBN:
9784047345744

水の蛇

  • 著者 近藤 ようこ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
224
ISBN:
9784047345744

わたしたちのからだには、蛇がいるのよ……。

ひさしぶりに帰郷した梨絵は十年前の夏休み、大人びた同い年のいとこ・加奈子との間に起こった不思議な出来事を思い出す…。女性の中の“魔性”を描く表題作ほか、全8編を収録した傑作短編集、29年ぶりの新装版!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「水の蛇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★ ずいぶん昔のものまで再録されていて一冊としてはまちまちな印象だが、表題作の「水の蛇」が良かった。髪を長くしていた頃、湯船に広がる様子が蛇のようだと思ったことをふいに思い出す。暗い恋愛の終わり ★★★★ ずいぶん昔のものまで再録されていて一冊としてはまちまちな印象だが、表題作の「水の蛇」が良かった。髪を長くしていた頃、湯船に広がる様子が蛇のようだと思ったことをふいに思い出す。暗い恋愛の終わり頃のこと。自分の中に「女」を見出だすときは大抵、どこかそら恐ろしい。飼い慣らせているうちはいいが、ということなのかもしれない。いやぁ、怖いですね、女って。 …続きを読む
    gelatin
    2017年02月27日
    5人がナイス!しています
  • 短編集。29年前の単行本の新装版ということで巨乳の人に「グラマーだね」と言ったり言葉が古い 一つ目の話は山岸凉子と近い作風で、少女期の成熟拒否願望やその時期に起こった事件への鮮烈な印象をタイトルの「水 短編集。29年前の単行本の新装版ということで巨乳の人に「グラマーだね」と言ったり言葉が古い 一つ目の話は山岸凉子と近い作風で、少女期の成熟拒否願望やその時期に起こった事件への鮮烈な印象をタイトルの「水の蛇」に見立てるなど面白い話だった。 次の「亜利紗の明日」はオチがない。懐古少女漫画パロディっぽい内容で、本当にただ「っぽい」だけで逆手にとって何かするというわけでもなくサラーっと終わった。 「知らない顔」は不条理ホラー。もっと二転三転した方が好み。 表題作と知らない顔以外は日常切り取ってるだけで印象が薄い …続きを読む
    烏鳥鷏
    2018年05月10日
    1人がナイス!しています
  • ずいぶん昔のさくひん。でも現代物語はあまりピンとこない。時代物が好きだな。 ずいぶん昔のさくひん。でも現代物語はあまりピンとこない。時代物が好きだな。
    Kavi
    2017年09月30日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品