水の蛇 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年02月25日
商品形態:
電子書籍

水の蛇

  • 著者 近藤 ようこ
発売日:
2017年02月25日
商品形態:
電子書籍

わたしたちのからだには、蛇がいるのよ……。

ひさしぶりに帰郷した梨絵は10年前の夏休み、大人びた同い年のいとこ・加奈子との間に起こった不思議な出来事を思い出す……。女性の中の“魔性”を描く表題作ほか、全8編を収録した傑作短編集、29年ぶりの新装版!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「水の蛇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 猫の後ろにそっとキュウリを置くと気付いた時に飛び上がるほど驚く動画がある。これは蛇が危険という記憶を遺伝子が伝えているといった説だ。猫でさえあるのだから人間には尚更。「雨月物語」には「蛇性の淫」なんて 猫の後ろにそっとキュウリを置くと気付いた時に飛び上がるほど驚く動画がある。これは蛇が危険という記憶を遺伝子が伝えているといった説だ。猫でさえあるのだから人間には尚更。「雨月物語」には「蛇性の淫」なんて物語もあるし、アニメでは「白蛇伝」なんて名作もある。いずれにしても太古の昔より、生命力が強く、神秘的な生き物として畏怖された蛇。手足がなくしなやかに這う様は男性の局部の象徴の様でもあるし水の上を泳ぐ様は精子の様でもある。異性の性的嫌悪。女性が絡むとどこか妖しく艶っぽい。私の中にもいるの?淫・蛇。純文学してます …続きを読む
    Vakira
    2021年06月28日
    52人がナイス!しています
  • からだを脱げば鬼になるよと確かに女は言ったのだ。横座りに崩れるふくらはぎからだんだん女になると。でもそれはどこか決定的にまちがっている。なぜならわたしは女になったのではなく端から女だったのだから。それ からだを脱げば鬼になるよと確かに女は言ったのだ。横座りに崩れるふくらはぎからだんだん女になると。でもそれはどこか決定的にまちがっている。なぜならわたしは女になったのではなく端から女だったのだから。それが今から鬼になるだけのこと。皮を剥いで、胸も尻もくびれもないただ清冽な蛇になりたい。うにうにと戸愚呂を巻く臓器に十五のわたしが巣食っているのだと。そう戸棚のなかに秘密ひとつしまうみたいにしてスカートを履いた。腐った下着の奥から滴り落ちる色にランドセルと制服のスカーフを連想してはからだが裏返っていくのだとか。 …続きを読む
    麻衣
    2021年07月11日
    36人がナイス!しています
  • ★★★★ ずいぶん昔のものまで再録されていて一冊としてはまちまちな印象だが、表題作の「水の蛇」が良かった。髪を長くしていた頃、湯船に広がる様子が蛇のようだと思ったことをふいに思い出す。暗い恋愛の終わり ★★★★ ずいぶん昔のものまで再録されていて一冊としてはまちまちな印象だが、表題作の「水の蛇」が良かった。髪を長くしていた頃、湯船に広がる様子が蛇のようだと思ったことをふいに思い出す。暗い恋愛の終わり頃のこと。自分の中に「女」を見出だすときは大抵、どこかそら恐ろしい。飼い慣らせているうちはいいが、ということなのかもしれない。いやぁ、怖いですね、女って。 …続きを読む
    gelatin
    2017年02月27日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品