花と短歌でめぐる 二十四節気 花のこよみ

花と短歌でめぐる 二十四節気 花のこよみ 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年12月16日
商品形態:
電子書籍

花と短歌でめぐる 二十四節気 花のこよみ

  • 案内人 俵 万智
発売日:
2021年12月16日
商品形態:
電子書籍

俵万智さんが案内します。うたと花の癒やしのコラボレーション!

一年は四季で分けられ、四季はさらに二十四節気に分けられます。身近なところでは立春や立夏。ひとつの季節をこまかく区切ることで、日本人は季節の移り変わりを敏感に感じ取ってきました。

そんな二十四節気に合わせ、各季節に咲く花の写真で綴る本書。季節の案内人として、歌人・俵万智さんを迎えました。各節気のはじまりを飾る短歌とエッセイは、なにげない日常の花の話や、私もそう、と共感できることが綴られています。折々の代表花をはじめ、花店や街で目にする、季節を映す花の写真は約300点を収録。また、SNSなどで使いたい美しい季節のことばを216点集めました。

ほかにも、花のいわれ、その季節の風習など、花にまつわる読み物もふんだんに。各季節の代表的な花の扱い方についても丁寧に紹介しています。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「花と短歌でめぐる 二十四節気 花のこよみ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1冊の本に300弱のその季節の色とりどりの美しく撮られた花の写真と、俵万智さんの歌と文章。今の時期は二十四節気でいうと22日まで「大雪」。そこに選ばれた花はパンジー、冬牡丹。そして次はすぐにポインセチ 1冊の本に300弱のその季節の色とりどりの美しく撮られた花の写真と、俵万智さんの歌と文章。今の時期は二十四節気でいうと22日まで「大雪」。そこに選ばれた花はパンジー、冬牡丹。そして次はすぐにポインセチア、からの松。  いつでも手元に置いて折々に開いて味わいたい本となりました。 …続きを読む
    冷や中
    2021年12月19日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品