風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年

風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年10月27日
商品形態:
電子書籍

風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年

  • 著者 田家 秀樹
発売日:
2021年10月27日
商品形態:
電子書籍

時代を超えて歌い継がれる名曲の数々は、なぜ一人の作詞家から生まれたのか

伝説的日本語ロックバンド”はっぴいえんど”のメンバーとして活動した後、日本を代表する作詞家となった松本隆50年の軌跡を追う評伝。太田裕美「木綿のハンカチーフ」、大瀧詠一「君は天然色」、松田聖子「赤いスイートピー」、寺尾聰「ルビーの指環」、KinKi Kids「硝子の少年」――。抒情性と物語性に富んだ歌詞で数々のメガヒット曲を生み出した松本隆。シングル曲よりアルバムのコンセプトを重視した作詞など新しい手法を用いたほか、シューベルトの楽曲や「古事記」をもとに作詞をおこなったこともあった。大瀧詠一、筒美京平、松田聖子らとの知られざるエピソードを含め、その挑戦の日々を松本隆本人へのインタビューと証言者たちの言葉から描き、不世出の作詞家の本質に迫る。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「風街とデラシネ 作詞家・松本隆の50年」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 元はっぴいえんどのメンバー松本隆。1969年に細野晴臣らとバンド結成後はっぴいえんどを経て作詞家として多くのヒット曲の作詞を手掛ける。その経緯と現在に至るまで関わった人や作詞がどのようにされていたのか 元はっぴいえんどのメンバー松本隆。1969年に細野晴臣らとバンド結成後はっぴいえんどを経て作詞家として多くのヒット曲の作詞を手掛ける。その経緯と現在に至るまで関わった人や作詞がどのようにされていたのかを詳細に書いている。彼が作詞した主な歌手には太田裕美(木綿のハンカチーフが大好き)、松田聖子、大滝詠一、近藤真彦、薬師丸ひろ子、中森明菜、いずれもビッグスターである。彼がいなかったら当時のポップス界はどのようになっていただろうか。色を強く感じるのは言葉を操る彼のマジックだと思う。読み応え十分。図書館本 …続きを読む
    kinkin
    2022年04月11日
    98人がナイス!しています
  • 松本隆と付き合いの長い音楽評論家の田家秀樹が、「はっぴいえんど」からクミコの「デラシネ」に至るまでの50年に亘って松本隆が作ってきた詞を網羅的に扱って解説しています。網羅的といっても、当然2100以上 松本隆と付き合いの長い音楽評論家の田家秀樹が、「はっぴいえんど」からクミコの「デラシネ」に至るまでの50年に亘って松本隆が作ってきた詞を網羅的に扱って解説しています。網羅的といっても、当然2100以上の詞をすべて取り上げることはできないので、松本の過ごした50年を、いくつかの時期に区切り、その中で彼としての思い入れのある詞を中心に解説して、時代毎の詞の特徴を説明すると言う手法をとっています。穴ぼこだらけの私の松本隆に対する知識を埋めてもらったと思いました。天下の松本隆ももう72歳です。 …続きを読む
    白河清風
    2022年04月08日
    18人がナイス!しています
  • これは凄いな。500P以上あるのに一気に読んでしまう。J-POP史を知るうえで必読と思われる。美里さんの『うたの木』で聴き馴染んだのちに読む『てぃーんず ぶるーす』のエピソードが興味深い。『My Re これは凄いな。500P以上あるのに一気に読んでしまう。J-POP史を知るうえで必読と思われる。美里さんの『うたの木』で聴き馴染んだのちに読む『てぃーんず ぶるーす』のエピソードが興味深い。『My Revolution』があったから『JINGI・愛してもらいます』があった。ミポリンと山瀬まみの対比。80年代のアイドルソングは、聖子ちゃんという王道があったからこその枝分かれがあった。 …続きを読む
    Nekotch
    2022年01月10日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品