竜人皇帝の溺愛花嫁【電子特別版】 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年10月01日
商品形態:
電子書籍

竜人皇帝の溺愛花嫁【電子特別版】

  • 著者 市川紗弓
  • イラスト 古澤 エノ
発売日:
2021年10月01日
商品形態:
電子書籍

竜人皇帝×希少種+ちびっ子。落涙必至の後宮オメガバース!

竜人の住まう国・清風国の貧民街で身寄りのない子供・銀露と隠れるように暮らす蒼霖。病弱な銀露の薬代の必要にかられ、催淫効果のある希少な【鱗】を生み出して密売に関わるが、希少種と疑われ、襲われそうになる。そこへ取り締まりに突入した警吏に助けられるが、その警吏はなんと、身分を隠した若き竜人皇帝・万湘だった。彼は希少種である蒼霖を匿うため、側室候補として後宮で働くよう提案してくれる。銀露と安全に暮らせる居場所をくれた湘に惹かれていく蒼霖だが…。

【電子特別版】本編の後日談を描いたあまあまショートストーリーを電子版だけに特別収録!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「竜人皇帝の溺愛花嫁【電子特別版】」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中華風ファンタジー。天には天帝や仙人達がいて地上の人々(竜人)の信仰の対象で、天に背くと天罰が下る世界観。受けは天女の血を引いているので、その命を天に帰さなくては災いの元になってしまう展開が切なかった 中華風ファンタジー。天には天帝や仙人達がいて地上の人々(竜人)の信仰の対象で、天に背くと天罰が下る世界観。受けは天女の血を引いているので、その命を天に帰さなくては災いの元になってしまう展開が切なかった。国を守るためには愛する人を生贄にしなくてはいけないという葛藤に苦しむ攻めが切ない。そして受けが初めて自発的に選びとった選択が生贄の道なのも切なかった。 …続きを読む
    もきゅ子
    2021年10月02日
    17人がナイス!しています
  • 竜人皇帝×拾い子と貧民街で暮らす受の中華風ファンタジー。皇帝が善政を行わないと天災に襲われる国で、先王の為に乱れた国を建て直そうとする攻と必死でその日暮しを送らなくてはいけない受。攻も働き者の受も真面 竜人皇帝×拾い子と貧民街で暮らす受の中華風ファンタジー。皇帝が善政を行わないと天災に襲われる国で、先王の為に乱れた国を建て直そうとする攻と必死でその日暮しを送らなくてはいけない受。攻も働き者の受も真面目だし国の行く末をきちんと考えるのも好感度が高い。ただ天人の血が流れる受が生贄にさせられそうになる後半の展開が切なくて早くハッピーエンドが来て!と思ってしまった。でも天人の血を受け継ぐと天帝の意向から問答無用に生贄にするのは何とかならないのだろうか。あと希少種への差別感が無くなるのも見たかった。 …続きを読む
    ユキモリ
    2021年10月21日
    8人がナイス!しています
  • ★★★★☆【ひかりTVブック】ちょっと思ってたのと違ってた。攻めが竜で皇帝ということでめちゃスパダリなんだろうなと思ってたのに、天帝という更に上の存在がいてそれには逆らえないというのがどうも…。母親が ★★★★☆【ひかりTVブック】ちょっと思ってたのと違ってた。攻めが竜で皇帝ということでめちゃスパダリなんだろうなと思ってたのに、天帝という更に上の存在がいてそれには逆らえないというのがどうも…。母親が天女の受けは災いをもたらす存在という事で、天に返さなければならない(ようするに生け贄)。攻めは最初は断固拒否するけど、雨が全く降らなくなってしまったため追い込まれて、一旦は受けの生け贄を受け入れてしまうのでガッカリだった。受けは天女とのハーフということで、男なのに子供が生めるという設定。 …続きを読む
    青音
    2021年10月03日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品