試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041118443

スペードの女王

  • 著者 横溝 正史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041118443

二人の刺青がある女、殺されたのは何者か。金田一耕助シリーズ!

片瀬の沖に浮かんでいた若い女の首なし変死体。内股にはスペードのクイーンをあしらった名人彫物師による刺青が! もう一人、同じ刺青をもつ女がいるようで……。複雑に絡み合う謎に金田一耕助が挑む

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

スペードの女王
解説 中島河太郎

メディアミックス情報

NEWS

「スペードの女王」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 若い女の変死体。その女の首はなく内股には“スペードのクイーン”の刺青があった…。結末が駆け足だったので動機?とか、結構な大物を案外簡単にやっつけちゃったの?とか、結局彫亀は事故?殺人?とかちょっと消化 若い女の変死体。その女の首はなく内股には“スペードのクイーン”の刺青があった…。結末が駆け足だったので動機?とか、結構な大物を案外簡単にやっつけちゃったの?とか、結局彫亀は事故?殺人?とかちょっと消化不良な感じ💦『顔のない屍体』だけど同じ刺青♠️をした二人の女性、いったいどっち?って謎は面白かったし、刺青の細工は思いの外、大胆でびっくりしました(^_^*) …続きを読む
    いっくん
    2022年05月06日
    26人がナイス!しています
  • ある事件で知り合った彫物師が事故死し、その捜査を依頼された金田一耕助。その彫物師が手掛けたスペードの女王にまつわる首なし殺人事件に巻き込まれていく金田一もの。江の島と東京、二か所で起こった連続殺人事件 ある事件で知り合った彫物師が事故死し、その捜査を依頼された金田一耕助。その彫物師が手掛けたスペードの女王にまつわる首なし殺人事件に巻き込まれていく金田一もの。江の島と東京、二か所で起こった連続殺人事件は麻薬売買を取り仕切った闇世界の大物が亡くなった後の微妙な人間関係が軸となっている。戦後にありがちな女たちの悲喜こもごもを織り交ぜつつ、二つのスペードの女王が捜査を混乱させる展開は面白かった。後半は急展開となり、犯人の動機の弱いところなど厳しい面はあるが、エログロ全快な本作らしい結末だった。 …続きを読む
    nishiyan
    2022年03月09日
    13人がナイス!しています
  • 最近横溝正史の作品が復刊されて嬉しい。『獄門島』『犬神家の一族』とか有名な作品以外も読めるのは良いな。ミステリとしてはちょっと色々ある気がするけど、楽しく読める。 最近横溝正史の作品が復刊されて嬉しい。『獄門島』『犬神家の一族』とか有名な作品以外も読めるのは良いな。ミステリとしてはちょっと色々ある気がするけど、楽しく読める。
    ホームズ
    2021年12月10日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品