がん劇的寛解 アルカリ化食でがんを抑える

がん劇的寛解 アルカリ化食でがんを抑える 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年03月10日
商品形態:
電子書籍

がん劇的寛解 アルカリ化食でがんを抑える

  • 著者 和田 洋巳
発売日:
2022年03月10日
商品形態:
電子書籍

元京大病院がん専門医による最良のセカンドオピニオン。

完治できなくても、進行を抑えて日常生活を取り戻す「劇的寛解」という手がある。最新研究と臨床経験から導き出した食事術で、がんの活動しにくい体内環境へ。元京大病院がん専門医による最良のセカンドオピニオン。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「がん劇的寛解 アルカリ化食でがんを抑える」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アルカリ化食という食事法で、がんの活動しにくい体内環境を構築する方法が解説された一冊。現在がんのスタンダードとなっている標準治療(手術・抗がん剤治療・放射線治療)と呼ばれるものは、再発する可能性も高い アルカリ化食という食事法で、がんの活動しにくい体内環境を構築する方法が解説された一冊。現在がんのスタンダードとなっている標準治療(手術・抗がん剤治療・放射線治療)と呼ばれるものは、再発する可能性も高い。本書では、標準がん治療では考えられない寛解状態が長く続くこと(劇的寛解)を目指し、食事療法を中心に、がん細胞が活動しにくい体内環境構築を目指す。がんが発生するメカニズムも詳しく解説されていて面白かった。がん治療に関する最先端の知見を知りたい人にオススメ。 …続きを読む
    ミライ
    2022年04月13日
    29人がナイス!しています
  • がん発生のメカニズムについてよくわかった。人のエネルギー生成機構は2種類ある。一つは効率のいい酸素を使う機構、もう一つは効率が悪く酸素を使わない糖分解。がん細胞は後者で周りとの酸化還元バランスを調整し がん発生のメカニズムについてよくわかった。人のエネルギー生成機構は2種類ある。一つは効率のいい酸素を使う機構、もう一つは効率が悪く酸素を使わない糖分解。がん細胞は後者で周りとの酸化還元バランスを調整して増殖する。そのため体内をアルカリ性にしてがん発生を少なくさせることで寛解が可能になる可能性がある。現代医療の病気自体を取り除くから、病気にならない土壌を作る大切がわかる本。体は食べたもので出来ている。 …続きを読む
    市川翔太
    2022年05月08日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品