八雲百怪 (5)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月04日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
226
ISBN:
9784041115749

八雲百怪 (5)

  • 原作 大塚 英志
  • 漫画 森 美夏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月04日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
226
ISBN:
9784041115749

ハーンとキクリの最後の冒険!民俗学ロマン三部作、これにて完結!

<煩悶青年と不死身兵士編>連続する青年の自死。その影には謎の粘菌と、あの知の巨人の存在が…? ラフカディオ=ハーンが対峙する最後の怪異。明治にっぽん、あやかしロマン、ついに完結!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「八雲百怪 (5)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この巻が出るまでの年月があって忘れてしまっていたが、関係なくいっきに読み終えた。日本がまだ今のような日本ではなかった時代、日本人が一つにして合、合にして一つだった頃…明治から大正にかけては何故か完結し この巻が出るまでの年月があって忘れてしまっていたが、関係なくいっきに読み終えた。日本がまだ今のような日本ではなかった時代、日本人が一つにして合、合にして一つだった頃…明治から大正にかけては何故か完結した日本が、日本人の見栄が西洋を是とし、外国と云う狭雑物に依って濁らされていくように思えてならない。その時代に於いてハーンが日本と云う国に求めたものは何だったのだろうか?失われゆく口伝か、それとも失われゆく日本らしさか?物語はハーンを母の国へと導く、そこは何処でもない場所…あの世、境目の場所。 …続きを読む
    sin
    2021年10月09日
    55人がナイス!しています
  • シリーズ完結で感無量。『北神伝綺』、『木島日記』の前日譚であり、柳田が近代化する日本から古い神々を仕分けしようとする精神は、日本政府、日本軍部が自分たちに不都合な歴史を仕分け、抹消しようとする行ないを シリーズ完結で感無量。『北神伝綺』、『木島日記』の前日譚であり、柳田が近代化する日本から古い神々を仕分けしようとする精神は、日本政府、日本軍部が自分たちに不都合な歴史を仕分け、抹消しようとする行ないを柳田国男と折口信夫の視点で描いた前記の二作へと引き継がれてゆく。時の権力者や時代が不都合なものを消そうとすることについては、現代を舞台にした『とでんか』や『アライアズキ、今宵も小豆を洗う。』にも引き継がれているように思う。 …続きを読む
    やんも
    2021年10月13日
    6人がナイス!しています
  • 粘菌で出てきたあの仮面の男って木島日記のあの人だし、忍と名乗ることを考えてる彼は折口信夫?大塚作品はどこかしらで繋がってる?ちょっとちゃんと読み直して時系列とか確認した方が良さそうかも。てんぎゃんと呼 粘菌で出てきたあの仮面の男って木島日記のあの人だし、忍と名乗ることを考えてる彼は折口信夫?大塚作品はどこかしらで繋がってる?ちょっとちゃんと読み直して時系列とか確認した方が良さそうかも。てんぎゃんと呼ばれ奇行で有名なあの人が、意外にもまともそうであることが一番驚いた。 三つ目と蛇って何か民話とかで関わり合ったかな…ちょっと展開が唐突で心情理解が追いついていないところがある。 …続きを読む
    ナナシ
    2021年10月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品