八雲百怪 (4)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月04日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
194
ISBN:
9784041058909

八雲百怪 (4)

  • 原作 大塚 英志
  • 漫画 森 美夏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月04日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
194
ISBN:
9784041058909

若き松岡國男と甲賀三郎の出会いの瞬間が明らかに!民俗学ロマン第4弾!

<コロボックル編後編>雪中行軍訓練の際に八甲田山で撮影されたというコロボックルは存在するのか…?<人穴編>迫害されたキリシタンの村を支配するバケモノとは…?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「八雲百怪 (4)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • まさか月も変わっていないうちに最新刊!さて、日本の植民地経営は、欧州諸国からの遅れを取り戻そうとしゃにむで、範とする処が正しいかどうかなんて気にも止めていない。すでに蹂躙したアイヌ、まさに手にした台湾 まさか月も変わっていないうちに最新刊!さて、日本の植民地経営は、欧州諸国からの遅れを取り戻そうとしゃにむで、範とする処が正しいかどうかなんて気にも止めていない。すでに蹂躙したアイヌ、まさに手にした台湾の原住民、日本に皇化することが当たり前として押し付ける。この事実からも、後の六俗共存などは絵に描いた餅に過ぎないことが露呈され、思わぬ処で近代日本の暗部に気付かされる。 …続きを読む
    sin
    2017年12月03日
    49人がナイス!しています
  • 木島日記もどき開口と並行して読んだので頭がおかしくなりそう。若い頃の柳田先生を見ると年を経て折口を嘲笑し北神を縛るその姿が上手く結びつかない。しかし、記憶の中の女の人を追い求める姿は一貫している。それ 木島日記もどき開口と並行して読んだので頭がおかしくなりそう。若い頃の柳田先生を見ると年を経て折口を嘲笑し北神を縛るその姿が上手く結びつかない。しかし、記憶の中の女の人を追い求める姿は一貫している。それにしても…生まれ出たのは足萎え…つまりは蛭子だよなあ。パードレと三郎の間には父殺しの物語が適用されるとして、蛭子と三郎は…。兎に角続きが気になる作品。 …続きを読む
    ナナシ
    2017年12月13日
    0人がナイス!しています
  • 大塚英志のインタビューがあった。 前編( https://kadobun.jp/interview/52 )、後編(https://kadobun.jp/interview/53) 3巻を読んだ時に感 大塚英志のインタビューがあった。 前編( https://kadobun.jp/interview/52 )、後編(https://kadobun.jp/interview/53) 3巻を読んだ時に感じた、伝奇を伝奇を楽しめないご時世になってしまったという部分は当然原作者も感じていて、このシリーズはもはや、だからこそ、何をどう描くかという位置付けで読むしかないんだろうな。 …続きを読む
    ちり
    2017年12月04日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品