試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年12月20日
判型:
新書変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
80
ISBN:
9784041114889

火守

  • 著者 劉 慈欣
  • 訳者 池澤 春菜
  • 絵 西村 ツチカ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年12月20日
判型:
新書変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
80
ISBN:
9784041114889

中国SF『三体』の劉慈欣、唯一の物語絵本。星を旅する物語。

人はそれぞれの星を持っている。病気の少女のため、地の果てに棲む火守の許を訪れたサシャは、火守の老人と共に少女の星を探す過酷な旅に出る--。世界的SF作家が放つ、心に沁みるハートウォーミングストーリー。

(本文より)サシャは東の孤島に立っていた。彼をこの世界の果てに放り出した帆船が、海と空の境界線に消えていく。最東端の島は、海に露出した錆さびた鉄片のようだった。周囲には命の気配すらない。
 サシャは島の奥に向かって歩き出した。何日も船酔いに苦しみ、いまだに足下がおぼつかなかったが、小さな島は中心に辿たどり着くのもすぐだった。低い丘に、彼を見つめる怪しい目のような黒い穴が開いている。穴の周りには黒い石炭の層があって、ここが炭坑であることを示していた。坑道の側の開けた場所には石窯がそびえ立ち、見たこともないほど大きな鉄鍋が載せられている。ひっくり返せば、サシャが今まで見た中で一番大きな屋根にもなりそうだ。
 といっても、サシャはこれまで遠出をしたことがなかった。大きな家を目したことだってない。ヒオリと恋に落ちたサシャにとって、大事なのは世界を見ることではなかった。だけど、彼は意を決し、彼女のために世界の最果てまで旅をしてきた。
 石窯の火は消え、巨大な鉄鍋から独特の油臭いにおいが立ち上り、辺りに漂っている。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

火守
訳者あとがき
プロフィール

メディアミックス情報

NEWS

「火守」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「三体」の作家による童話を日本人の画家による絵と共にたのしませてくれます。池澤さんの翻訳文も読みやすくこの画家による絵の色合いもぴったりの感じでした。やはりこの作家本来のSF的な感じもあるのですが月の 「三体」の作家による童話を日本人の画家による絵と共にたのしませてくれます。池澤さんの翻訳文も読みやすくこの画家による絵の色合いもぴったりの感じでした。やはりこの作家本来のSF的な感じもあるのですが月の存在が今までの童話などとは異なる感じをあ立ててくれました。 …続きを読む
    KAZOO
    2022年03月27日
    96人がナイス!しています
  • 「三体」劉慈欣の童話。月と星と太陽が、SFとは違う描かれ方をする。日々の営みが、世界を作り出している。人を救っている。中国版のイラストも見てみたい。 「三体」劉慈欣の童話。月と星と太陽が、SFとは違う描かれ方をする。日々の営みが、世界を作り出している。人を救っている。中国版のイラストも見てみたい。
    keroppi
    2022年03月21日
    72人がナイス!しています
  • 読友さんの感想で知った本。『三体』は読んでないが、本書は童話というよりヒューマン・ファンタジーという感じで、星や月、太陽などと人間とのスケールの大きな物語だった。絵がとても美しくかつ迫力があって、物語 読友さんの感想で知った本。『三体』は読んでないが、本書は童話というよりヒューマン・ファンタジーという感じで、星や月、太陽などと人間とのスケールの大きな物語だった。絵がとても美しくかつ迫力があって、物語の世界を一層引き立てている。池澤春菜さん、幅広い活躍に驚いた。 …続きを読む
    とよぽん
    2022年04月22日
    58人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品