• 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年12月20日
判型:
新書変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
80
ISBN:
9784041114889

火守

  • 著者 劉 慈欣
  • 訳者 池澤 春菜
  • 絵 西村 ツチカ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年12月20日
判型:
新書変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
80
ISBN:
9784041114889

中国SF『三体』の劉慈欣が放つ、星探しの物語。

(本文より)サシャは東の孤島に立っていた。彼をこの世界の果てに放り出した帆船が、海と空の境界線に消えていく。最東端の島は、海に露出した錆さびた鉄片のようだった。周囲には命の気配すらない。
 サシャは島の奥に向かって歩き出した。何日も船酔いに苦しみ、いまだに足下がおぼつかなかったが、小さな島は中心に辿たどり着くのもすぐだった。低い丘に、彼を見つめる怪しい目のような黒い穴が開いている。穴の周りには黒い石炭の層があって、ここが炭坑であることを示していた。坑道の側の開けた場所には石窯がそびえ立ち、見たこともないほど大きな鉄鍋が載せられている。ひっくり返せば、サシャが今まで見た中で一番大きな屋根にもなりそうだ。
 といっても、サシャはこれまで遠出をしたことがなかった。大きな家を目したことだってない。ヒオリと恋に落ちたサシャにとって、大事なのは世界を見ることではなかった。だけど、彼は意を決し、彼女のために世界の最果てまで旅をしてきた。
 石窯の火は消え、巨大な鉄鍋から独特の油臭いにおいが立ち上り、辺りに漂っている。

もくじ

火守
訳者あとがき
プロフィール

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品