試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041113332

梟の月

  • 著者 小松 エメル
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041113332

『一鬼夜行』シリーズの著者が描く、妖怪たちと先生が織りなす物語。

過去の記憶を喪い、妖怪たちの住む世界で目覚めた私は、いつしか彼らと暮らすことになった。妖怪たちに乞われ、物を教える「先生」となり、個性豊かな彼らとの生活を楽しむようになる。だが、どうして私はこの世界に来なくてはならなかったのだろうか。いつも私の傍から離れないアオバズクは、何か知っているのか。ある日、烏帽子を被った一つ目の妖怪が私の前に現れ、二つの月に触れれば、元の世界に戻れるというが……。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「梟の月」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 作者さんの名前の由来が素敵だったので購入してみました。先生と朋の関係や正体は分かったけど、三度溺れることの意味が分からなかった。伯の正体もよく分からなかった。 時間があればもう一度読むかもしれないし、 作者さんの名前の由来が素敵だったので購入してみました。先生と朋の関係や正体は分かったけど、三度溺れることの意味が分からなかった。伯の正体もよく分からなかった。 時間があればもう一度読むかもしれないし、もう読まないかもしれない。 …続きを読む
    じゃぎー
    2021年06月10日
    0人がナイス!しています
  • 妖怪が出てくる話だから読んでみたが、う~ん、いまいち掴みどころのない話だな。同じような文章がででくるので混乱する。 妖怪が出てくる話だから読んでみたが、う~ん、いまいち掴みどころのない話だな。同じような文章がででくるので混乱する。
    はっか
    2021年05月30日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品