試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041113332

梟の月

  • 著者 小松 エメル
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041113332

『一鬼夜行』シリーズの著者が描く、妖怪たちと先生が織りなす物語。

過去の記憶を喪い、妖怪たちの住む世界で目覚めた私は、いつしか彼らと暮らすことになった。妖怪たちに乞われ、物を教える「先生」となり、個性豊かな彼らとの生活を楽しむようになる。だが、どうして私はこの世界に来なくてはならなかったのだろうか。いつも私の傍から離れないアオバズクは、何か知っているのか。ある日、烏帽子を被った一つ目の妖怪が私の前に現れ、二つの月に触れれば、元の世界に戻れるというが……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「梟の月」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人は死の直前に走馬灯の様に己れの一生を思い浮かべると云うが…どうやら彼は何度も何度も同じ体験を繰り返すようだ。失った記憶の性でもあろうか?それとも彼本来の性格なのか、ぐずぐずしたやつだと頭に思い浮かべ 人は死の直前に走馬灯の様に己れの一生を思い浮かべると云うが…どうやら彼は何度も何度も同じ体験を繰り返すようだ。失った記憶の性でもあろうか?それとも彼本来の性格なのか、ぐずぐずしたやつだと頭に思い浮かべたとたん「ぐずぐずとはっきりしない自分が…」と云う文章が目に飛び込んできた。ここに描かれた先生と云うやつはぐずぐずと情けない奴で、おまけに妖怪達のお情けにすがって生きている。それは記憶を失って己れが見えないからでは無く自意識過剰で他人を拒絶してきたから…彼は人が存在しない妖怪の世に己れを縛り続けるのだろう。 …続きを読む
    sin
    2021年09月22日
    64人がナイス!しています
  • 不思議で幻想的な話。記憶をなくした男が妖怪の世界に。男に寄り添うのは梟。繰り返される場面は過去?それとも未来? 不思議で幻想的な話。記憶をなくした男が妖怪の世界に。男に寄り添うのは梟。繰り返される場面は過去?それとも未来?
    アリス【アガサ倶楽部】
    2021年09月13日
    28人がナイス!しています
  • 同じような場面が繰り返され、記憶をなくした主人公が何故妖怪の世界にいるのか声の主は誰なのかがわかっていく。幻想的な物語でした。 同じような場面が繰り返され、記憶をなくした主人公が何故妖怪の世界にいるのか声の主は誰なのかがわかっていく。幻想的な物語でした。
    一唯
    2022年01月15日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品