試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044006518

季語ものしり事典

  • 編 新海 均
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044006518

俳句歳時記には載っていない、季語のトリビア、ふたたび大集合!

「雲雀(ひばり)」の語源は「日晴れ」/竹は草? それとも木?/蛍は夜露だけで生きている/「踊る」「躍る」の違いは?/栗は栗の種を発寝ている/糸瓜(へちま)の語源はいろは歌/除夜の鐘はなぜ108回? 等々……
歳時記には載っていない豆知識をひもとくと、日本古来の風土や歴史、人々の生活や感情、自然や生物への、深々とした眼差しが見えてくる――。めくって愉しい、知って納得、俳句作りにも(少し)役立つ、大好評の『季語うんちく事典』兄弟編! 
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「季語ものしり事典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 豆知識が面白い。「ちやほや」って「蝶よ花よ」が転化したのか。 豆知識が面白い。「ちやほや」って「蝶よ花よ」が転化したのか。
    アルクシ・ガイ
    2021年06月27日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品