自然のしくみがわかる地理学入門

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044006471

自然のしくみがわかる地理学入門

  • 著者 水野 一晴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044006471

新宿に高層ビルが集まるのは氷河のせい? 目からウロコの地理学入門!

高層ビルは新宿に密集する、北海道と本州は生息する動物が異なる、高尾山の植物種数はフィンランドより多い……身近に潜むこれらの謎を解くキーワード、それは「氷河」! 50カ国以上を調査で飛び回ってきた著者が、山を滑り落ち、砂漠を歩き抜き、森をさまよったからこそ見えてきた地球の不思議の数々。身の回りの疑問を出発点に自然のダイナミズムに触れる、あなたも街に、山に、川に、世界に出たくなる、地理学からの招待状。

メディアミックス情報

NEWS

「自然のしくみがわかる地理学入門」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 店頭で目についたので。帯にあった「氷河ですべて説明がつく」的な惹句はやや誇大広告。大学の研究者である著者が、自身の実地調査や登山の経験も盛り込みつつ、地理学的な観察眼を伝えていくという趣向。四方山話は 店頭で目についたので。帯にあった「氷河ですべて説明がつく」的な惹句はやや誇大広告。大学の研究者である著者が、自身の実地調査や登山の経験も盛り込みつつ、地理学的な観察眼を伝えていくという趣向。四方山話は不要なのではと思ったが、全体的に文章が堅く詰め込みすぎな感じがあるので、結果的にはちょうどよかった。内容的には著者とその恩師、そのまた恩師の業績を中心に語られていることもあり、研究者としての集大成を市民に還元したいという意味もあるのだろう。が、それにしては用語が専門的すぎるのではあるまいか。 …続きを読む
    アドソ
    2021年09月11日
    14人がナイス!しています
  • この本を読みたいと思ったのは「なぜ新宿に高層ビルが集まっているのか?」「なぜ大阪駅は階段やスロープが多いのか?」「地震に強い家を建てるにはどこがよいのか?」「なぜ雲仙普賢岳の噴火でたくさんの人が亡くな この本を読みたいと思ったのは「なぜ新宿に高層ビルが集まっているのか?」「なぜ大阪駅は階段やスロープが多いのか?」「地震に強い家を建てるにはどこがよいのか?」「なぜ雲仙普賢岳の噴火でたくさんの人が亡くなったのか?」など興味深い項目ばかり並んでいたからです。もっと自然地理を知っていたら地震による液状化の被害を想定する事が出来ただろうし、たくさんの人が亡くなることもなかったかもしれない。生きていく上で自然のしくみを知る大切さを教えてくれる本だと思いました。 …続きを読む
    ほんどてん
    2021年06月22日
    6人がナイス!しています
  • 濃いねぇー フィールドワークと理論が豊富。 濃いねぇー フィールドワークと理論が豊富。
    Masa
    2021年07月24日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品