高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで

高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年01月21日
商品形態:
電子書籍

高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで

  • 著者 もつお
発売日:
2021年01月21日
商品形態:
電子書籍

神様の言うことを聞いていれば、すべてうまくいくはずだった。

強迫性障害、摂食障害、強制入院、退院後の揺り戻し…高校生のわたしを苦しめたのは、自分のなかの「神様」でした。
物を触らずにはいられない、自身の体型が気になって食事ができない、同級生の視線が気になって学校へ行けない、家族や医師にさえ「神様」の秘密を打ち明けられない……ある平凡なひとりの女子高生が経験した、凄絶な日々。
精神科病院に入院し、一時は「もう無理、死んでしまいたい」とさえ思いながらも、自分を見つめて認めること、本当のやりたいことを見つけることで回復に至るまでの道のりを描く、絶望と希望のコミックエッセイ。
第4回新コミックエッセイプチ大賞受賞作品『わたし宗教』を約3年間かけて完全改稿のうえ、大幅な加筆を加えてオールカラーで書籍化。

【目次】
プロローグ 神様とわたし
第1話 神様との出会い
第2話 言うとおりにすれば悪いことは起きない
第3話 進路の不安と神様の声
第4話 神様の命令とわたしの1日
第5話 誰にも言ってはいけないこと
第6話 食べられない、食べてはいけない
第7話 仲間はずれにされたくない
第8話 摂食障害と心療内科
第9話 ボロボロになっていく体
第10話 親は泣いて土下座をした
第11話 1カロリーもとりたくない
第12話 神様、わたしはまだ大丈夫ですか?
第13話 こんな日々が続くくらいなら…
第14話 精神科病院への入院
第15話 入院生活と病院からの通学
第16話 退院が怖い
第17話 本当の地獄
第18話 消えた神様
第19話 わたしのやりたいこと
第20話 神様に出会っていなかったら
エピローグ 神様とさよなら

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「高校生のわたしが精神科病院に入り自分のなかの神様とさよならするまで」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新刊。自分の中の神様?どういうこと?と不思議に思い読了。周囲の目を気にし過ぎるごく普通の女子高生だった著者さんがある日、頭の中から声が聴こえるように。それが強迫性障害の症状だと気付かずに、拒食症、精神 新刊。自分の中の神様?どういうこと?と不思議に思い読了。周囲の目を気にし過ぎるごく普通の女子高生だった著者さんがある日、頭の中から声が聴こえるように。それが強迫性障害の症状だと気付かずに、拒食症、精神科病院への入院、退院後の過食症という過酷な女子高生時代を経て、自分の好きなこと、本当の自分を取り戻すエッセイでした。周囲から見たら異常だと分かることも本人にとっては何らおかしくない…というところになるほどと思ったし恐いなとドキドキした。ご家族も、助けたくてもできなくてつらかっただろうな。最後は本当良かった! …続きを読む
    あっか
    2021年01月25日
    65人がナイス!しています
  • 心の病は、本人も周りも初期には気づきにくいのだろうと思う。こうして他人事だと思って読むと、もっと早い段階でご家族が何とかしてやれなかったのかと思うけれど、もし自分の娘の身に起きたらオロオロしてしまうば 心の病は、本人も周りも初期には気づきにくいのだろうと思う。こうして他人事だと思って読むと、もっと早い段階でご家族が何とかしてやれなかったのかと思うけれど、もし自分の娘の身に起きたらオロオロしてしまうばかりだろう。昔よりも心の病への理解が進んできたとはいえ、精神科へ入院させることに戸惑っていたお母さんの気持ちもよく分かる。もつおさんが良い形で回復されて本当に良かった。 …続きを読む
    さっちゃん
    2021年06月01日
    52人がナイス!しています
  • 神様の言うことを聞いていれば、すべて上手くいくはずだった。強迫性障害、摂食障害、強制入院――。高校生の私を苦しめたのは、自分の中の「神様」。物を触らずにはいられない、自分の体型が気になって食事ができな 神様の言うことを聞いていれば、すべて上手くいくはずだった。強迫性障害、摂食障害、強制入院――。高校生の私を苦しめたのは、自分の中の「神様」。物を触らずにはいられない、自分の体型が気になって食事ができない、同級生の視線が気になって学校へ行けない――。「こんな日々が続くくらいなら、死んでしまいたい」と思うまで追い詰められた、ひとりの女子高生が経験した、凄絶な日々。神様の存在は誰にも言ってこなかったが、誰にも言えず苦しんでいる人がいて、<もしかしたら、私の経験が何かの役にたつかも>と、コミックエッセイに――。⇒ …続きを読む
    ネギっ子gen
    2021年08月08日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品