試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041110799

翡翠色の海へうたう

  • 著者 深沢 潮
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年08月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041110799

国も、時代も、性別も、そのすべての境界を越えてゆけ――深沢潮、渾身作!

派遣社員、彼氏なし、家族とは不仲。冴えない日々を送る葉奈は作家になる夢を叶えるべく、戦時中の沖縄を舞台に勝負作を書くことを決める。しかし取材先で問題の当事者ではない自分が書くことへの覚悟を問われ……。

メディアミックス情報

NEWS

「翡翠色の海へうたう」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 薄くて軽い本だけれど、内容は重いものが詰まっていた。本作には“私”と“わたし”が登場する。“私”は、主人公の河合葉奈。派遣社員で冴えない日々を送りながらも、作家を目指している。あるきっかけで戦時中の沖 薄くて軽い本だけれど、内容は重いものが詰まっていた。本作には“私”と“わたし”が登場する。“私”は、主人公の河合葉奈。派遣社員で冴えない日々を送りながらも、作家を目指している。あるきっかけで戦時中の沖縄を舞台に作品を書こうと決める。しかし取材を進める中で、イメージしていた女性たちの姿と、証言者たちが語る彼女たちの姿に乖離がある事に気付く。そこで当時の慰安婦として仕えていた“わたし”が登場する。慰安婦の話は読んでいてとてもつらかった。戦争がなければこんな事は起きなかった。平和のありがたさを改めて痛感した。 …続きを読む
    のぶ
    2021年09月21日
    92人がナイス!しています
  • ひたすらに重く苦しみを伴う作品だ。慰安婦の事をある程度知っているつもりだった。読み進むに連れ自分の認識の甘さを思い知り、知っているつもりと真実の間には天と地ほどの隔たりがある事に気付かされる。騙され連 ひたすらに重く苦しみを伴う作品だ。慰安婦の事をある程度知っているつもりだった。読み進むに連れ自分の認識の甘さを思い知り、知っているつもりと真実の間には天と地ほどの隔たりがある事に気付かされる。騙され連れて来られた彼女達は、人間扱いされず軍事物資として運ばれて来たという。そして来る日も来る日も男達の穴となり拒む事は許されない。戦争が男達を獣にしたのか?いや、どんな言い訳を並べたとして決して許される行為ではない。二度と会えない故郷の家族を想いながら、翡翠色の海へ向かいアリランを歌う彼女達の姿に涙が止まらない。 …続きを読む
    よつば🍀
    2021年09月14日
    80人がナイス!しています
  • いろんなこと。過去でも、リアルに今の地球のどこかでも。次々に入ってくる情報を受け止め、また次の情報のために心の場所を空ける。そんな日々。その情報の先に、体温のある、感情のある、私であっても不思議ではな いろんなこと。過去でも、リアルに今の地球のどこかでも。次々に入ってくる情報を受け止め、また次の情報のために心の場所を空ける。そんな日々。その情報の先に、体温のある、感情のある、私であっても不思議ではなかったひとりの人がいること、ほんとうにはわかってない。それでも、こんなふうに書かれた本に出逢うと、端っこのほんの少しだけでも、より知って、そこから考えることができる。大きすぎる苦しみ哀しみ無念さ理不尽さ…に圧倒されるけれど、海へうたった彼女の生が、比嘉さんを通じて現代へつながっていることに作者の願いを感じる。 …続きを読む
    ででんでん
    2021年10月10日
    74人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品