試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月17日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041110508

ミュゲ書房

  • 著者 伊藤 調
  • 装画 くじょう
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月17日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041110508

そこは、人も物語も再生する本屋さん

小説編集の仕事をビジネスと割り切れない、若手編集者の宮本章は、新人作家・広川蒼汰の作品を書籍化できず、責任を感じ退職する。ちょうどその頃、北海道で書店を経営していた祖父が亡くなり、章はその大正時代の洋館を改装した書店・ミュゲ書房をなりゆきで継ぐことに……。
失意の章は、本に関する膨大な知識を持つ高校生・永瀬桃ら、ミュゲ書房に集まる人々との出会いの中で、さらに彼のもとに持ち込まれた二つの書籍編集の仕事の中で、次第に本づくりの情熱を取り戻していく。そして彼が潰してしまった作家・広川蒼汰は――。

挫折を味わった編集者は書店主となり、そしてまた編集者として再起する。本に携わる人々と、彼らの想いを描いたお仕事エンターテインメント。

装画を描いてくださった、イラストレーターのくじょうさんによる紹介漫画!

メディアミックス情報

NEWS

「ミュゲ書房」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 地方都市の個人の書店の話。外国行くと日本って個人の書店多いな教養があるはずだと思っていたが近年なくなっていく。仕入れてきたものを店に並べるだけの小売店はだだでさえ儲からない。加工しない商品には付加価値 地方都市の個人の書店の話。外国行くと日本って個人の書店多いな教養があるはずだと思っていたが近年なくなっていく。仕入れてきたものを店に並べるだけの小売店はだだでさえ儲からない。加工しない商品には付加価値をつけないとアマゾンに勝てない。ミュゲ書房のように女子高生が選書してくれたら買いに通うな。またどこの業界もそうだが、業界最大手のおごりはひどい。自分たちが有利なルールを決め従わせていく。本では大手を出し抜いて爽快だが現実はなかなか厳しい。個人的にはなるべく、業界最大手は使わないようにしています。意外と良かった …続きを読む
    うののささら
    2021年04月24日
    85人がナイス!しています
  • 先代の本屋を継ぐために奮闘する脱サラ店主と、先代にお世話になったからと手を貸してくれる町内の方々。みんなの得意分野をいかして先代とは違う方法で本屋を活性化させていく様子が面白かった。永瀬桃ちゃん好きす 先代の本屋を継ぐために奮闘する脱サラ店主と、先代にお世話になったからと手を貸してくれる町内の方々。みんなの得意分野をいかして先代とは違う方法で本屋を活性化させていく様子が面白かった。永瀬桃ちゃん好きすぎる。点と点の人脈が線で繋がっていき、どんなビジネスでもやっぱり信頼が一番大事だということと、失敗した経験は無駄ではなく財産なのだと学んだ。「リベンジ」というタイトルが後々響いてきてなんとも絶妙なネーミング。丸善のインスタで知った本書。この本自体ウェブ連載だったんですね。なんか胸熱。ジャケ買い大当たりでした。 …続きを読む
    山田
    2021年05月01日
    32人がナイス!しています
  • 大手出版社を辞め、祖父が遺した小さな書店を継ぐことになった元編集者。このミュゲ書房が大正時代の洋館を改装した瀟洒な建物で、絵本コーナーもあって、美味しい手作りお菓子とコーヒーまで楽しめるという…楽園か 大手出版社を辞め、祖父が遺した小さな書店を継ぐことになった元編集者。このミュゲ書房が大正時代の洋館を改装した瀟洒な建物で、絵本コーナーもあって、美味しい手作りお菓子とコーヒーまで楽しめるという…楽園か…近所にあったら絶対常連になる!でも「素敵」だけではなく、書店経営の厳しさや取次の功罪、傲慢な大手出版社などの逆風も織り込みながら、最高の一冊を作り上げるために全力を尽くす人たちの姿、そしてその本を読んでもらいたいという情熱が繋がっていくのがとても爽快で、胸が熱くなります。新作が楽しみな作家さんが増えました。 …続きを読む
    愛玉子
    2021年05月05日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品