試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月17日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041110508

ミュゲ書房

  • 著者 伊藤 調
  • 装画 くじょう
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月17日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041110508

そこは、人も物語も再生する本屋さん

小説編集の仕事をビジネスと割り切れない、若手編集者の宮本章は、新人作家・広川蒼汰の作品を書籍化できず、責任を感じ退職する。ちょうどその頃、北海道で書店を経営していた祖父が亡くなり、章はその大正時代の洋館を改装した書店・ミュゲ書房をなりゆきで継ぐことに……。
失意の章は、本に関する膨大な知識を持つ高校生・永瀬桃ら、ミュゲ書房に集まる人々との出会いの中で、さらに彼のもとに持ち込まれた二つの書籍編集の仕事の中で、次第に本づくりの情熱を取り戻していく。そして彼が潰してしまった作家・広川蒼汰は――。

挫折を味わった編集者は書店主となり、そしてまた編集者として再起する。本に携わる人々と、彼らの想いを描いたお仕事エンターテインメント。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

装画を描いてくださった、イラストレーターのくじょうさんによる紹介漫画!

メディアミックス情報

NEWS

「ミュゲ書房」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ずばり本好きによる本好きのための本。作家のデビューまでの道のり、出版に至るまでの過程、本屋の経営の工夫が組み込まれていて学べる。物語も広川蒼汰の判断に、思わず編集長、ざまあみろ!と感情移入。章も編集と ずばり本好きによる本好きのための本。作家のデビューまでの道のり、出版に至るまでの過程、本屋の経営の工夫が組み込まれていて学べる。物語も広川蒼汰の判断に、思わず編集長、ざまあみろ!と感情移入。章も編集と出版、経営のオールマイティさをいかして、ミュゲ書房を続けてほしい。ミュゲ書房のようなアイデアがあれば、本屋さんの可能性が広がるのではないかと思う。作家から本、本から読者へどんどん繋いでほしい。目が見えてるうちは、やはり紙の本で読みたいし、動けるうちは本屋さんで本を買いたい。全国の本屋さん、頑張れ! …続きを読む
    しんごろ
    2021年09月24日
    238人がナイス!しています
  • あぁ、心地良い作品を読んだ。後藤編集長と言う敵役がいてこその結末だとは思うが(本当にイヤな奴だなぁ)きっと現実にもある?居る?のだろうと推察したりして・・(本好きに悪人はいない!と思ってる私だが)ちょ あぁ、心地良い作品を読んだ。後藤編集長と言う敵役がいてこその結末だとは思うが(本当にイヤな奴だなぁ)きっと現実にもある?居る?のだろうと推察したりして・・(本好きに悪人はいない!と思ってる私だが)ちょっと上手くいきすぎの感はあるけれど、本好き、書店好きには堪らないよね。【ミュゲ書房】こんな書店が近くにあったらなぁ。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2022年01月10日
    184人がナイス!しています
  • また善き本に巡り会えた。この作品もまた、丹念に丁寧に作り上げられた1冊だ。たった1冊の本が書店に並ぶまでにかけられる膨大な手間と時間。しかも良い本を作りたいという思いと商業的な成功が結びつくとは限らな また善き本に巡り会えた。この作品もまた、丹念に丁寧に作り上げられた1冊だ。たった1冊の本が書店に並ぶまでにかけられる膨大な手間と時間。しかも良い本を作りたいという思いと商業的な成功が結びつくとは限らない。その葛藤、もしかしたら挫折も。だから失意のうちに編集者としての道を閉ざした青年が、悩み苦しみながらも、今度こそは自分の信じる道を貫いて得たこの結末が1人の本好きとして嬉しくてたまらない。それは長い冬を耐えたからこそ大きな喜びをもたらす北国の春の訪れにも似て。私が今1番読みたい本は作中作の『リベンジ』だ。 …続きを読む
    みっちゃん
    2021年07月11日
    179人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品