ミュゲ書房 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年03月17日
商品形態:
電子書籍

ミュゲ書房

  • 著者 伊藤 調
  • 装画 くじょう
発売日:
2021年03月17日
商品形態:
電子書籍

そこは、人も物語も再生する本屋さん

小説編集の仕事をビジネスと割り切れない、若手編集者の宮本章は、新人作家・広川蒼汰の作品を書籍化できず、責任を感じ退職する。ちょうどその頃、北海道で書店を経営していた祖父が亡くなり、章はその大正時代の洋館を改装した書店・ミュゲ書房をなりゆきで継ぐことに……。
失意の章は、本に関する膨大な知識を持つ高校生・永瀬桃ら、ミュゲ書房に集まる人々との出会いの中で、さらに彼のもとに持ち込まれた二つの書籍編集の仕事の中で、次第に本づくりの情熱を取り戻していく。そして彼が潰してしまった作家・広川蒼汰は――。

挫折を味わった編集者は書店主となり、そしてまた編集者として再起する。本に携わる人々と、彼らの想いを描いたお仕事エンターテインメント。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ミュゲ書房」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新人作家の受賞作を出版させられなかったことに責任を感じ、大手出版社を退職した編集者の宮本章は、北海道で祖父の書店を継ぐことに。 本を作る過程が丁寧に描かれていて素晴らしかったです。 章とミュゲ書房の再 新人作家の受賞作を出版させられなかったことに責任を感じ、大手出版社を退職した編集者の宮本章は、北海道で祖父の書店を継ぐことに。 本を作る過程が丁寧に描かれていて素晴らしかったです。 章とミュゲ書房の再生の物語であるのと同時に、新人作家、広川蒼汰が『リベンジ』を完成させるまでの物語でもあります。 素直でしたたかな作家の広川蒼汰も、作家でないときの広川蒼汰も本当に魅力的で、編集長との直接対決には痺れました。 \誰か\のための物語が、その\誰か\の手によって広まっていくところ、本当に素敵でした。 …続きを読む
    あおやまみなみ
    2021年03月26日
    15人がナイス!しています
  • この本を読んで、ミュゲ書房の「ミュゲ」の意味が判った。それと、広川蒼汰が執筆した『リベンジ』の顛末が抜群に面白かった。 この本を読んで、ミュゲ書房の「ミュゲ」の意味が判った。それと、広川蒼汰が執筆した『リベンジ』の顛末が抜群に面白かった。
    エレーナ
    2021年04月11日
    2人がナイス!しています
  • ウェブ小説界隈でたまに聞く話──編集サイドが作家に延々と改稿指示を出して買い殺しにするとか、売れ筋への極端な路線変更により作家の個性が迷子になるとか。 編集者の章は、推していた新人作家を潰してしまい、 ウェブ小説界隈でたまに聞く話──編集サイドが作家に延々と改稿指示を出して買い殺しにするとか、売れ筋への極端な路線変更により作家の個性が迷子になるとか。 編集者の章は、推していた新人作家を潰してしまい、責任を感じて退職。祖父の小さな書店を引き継いだ。 北海道某市を舞台に、書店と個人出版社を営むことになった章が、本に関わる人々と仕事とを通して再起し成長していく。ミュゲ書房のような居場所があるのはうらやましい。 カクヨム掲載版からさらに読みやすさと深みが増して、引き込まれて一気読みでした。 …続きを読む
    HASETSUKI, Motoya
    2021年04月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品