ミュゲ書房 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

カドフェス2021
カドフェス2021
発売日:
2021年03月17日
商品形態:
電子書籍

ミュゲ書房

  • 著者 伊藤 調
  • 装画 くじょう
発売日:
2021年03月17日
商品形態:
電子書籍

そこは、人も物語も再生する本屋さん

小説編集の仕事をビジネスと割り切れない、若手編集者の宮本章は、新人作家・広川蒼汰の作品を書籍化できず、責任を感じ退職する。ちょうどその頃、北海道で書店を経営していた祖父が亡くなり、章はその大正時代の洋館を改装した書店・ミュゲ書房をなりゆきで継ぐことに……。
失意の章は、本に関する膨大な知識を持つ高校生・永瀬桃ら、ミュゲ書房に集まる人々との出会いの中で、さらに彼のもとに持ち込まれた二つの書籍編集の仕事の中で、次第に本づくりの情熱を取り戻していく。そして彼が潰してしまった作家・広川蒼汰は――。

挫折を味わった編集者は書店主となり、そしてまた編集者として再起する。本に携わる人々と、彼らの想いを描いたお仕事エンターテインメント。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ミュゲ書房」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本や出版に纏わる話はつい読みたくなる。こちらは北海道のローカルな書店・ミュゲ書房を舞台にしたお仕事エンタメ。ミュゲとはフランス語ですずらんのことらしく、その白い花のようにさらりと爽やかな物語を味わえた 本や出版に纏わる話はつい読みたくなる。こちらは北海道のローカルな書店・ミュゲ書房を舞台にしたお仕事エンタメ。ミュゲとはフランス語ですずらんのことらしく、その白い花のようにさらりと爽やかな物語を味わえた。話の展開はベタだけど、最後まで純粋なところは書店名に込められたものを貫いていると思う。出版業界でも理想と現実の差に苦心することはあるはず。そんな中、装丁を皆で議論する場面は本づくりの想いと楽しさを感じさせた。大手の描写は遊び心もあったり。そして作中の本と同様に本作も子供も大人も親しめる本に仕上げられていた。 …続きを読む
    buchipanda3
    2021年06月01日
    127人がナイス!しています
  • 面白かった、今年のベスト5間違いなし。新人作家を潰してしまった事に責任を感じ大手出版社を退職した章だが北海道で書店を営んでいた祖父が亡なり後片付けの為残ったが、周井の人々からの要望で続ける決心をする、 面白かった、今年のベスト5間違いなし。新人作家を潰してしまった事に責任を感じ大手出版社を退職した章だが北海道で書店を営んでいた祖父が亡なり後片付けの為残ったが、周井の人々からの要望で続ける決心をする、庭の手入れを手伝ってくれる女性や趣味でカフェをする大学生そして膨大な読書知識をもつ女子高生たちに助けられ続けるうちに書籍の編集、出版の話が舞い込む、そして潰した作家とは、出版の流れや販売のルート等も興味深く、よい本を作る情熱と売れる本を作る大手出版社との対立の展開にも読むのを止められなかった。 …続きを読む
    みかん🍊
    2021年05月26日
    121人がナイス!しています
  • ★★★★☆ 亡くなった北海道のおじいちゃんがやっていた『ミュゲ書房』を引き受けることにした章。章は東京の大手出版社に勤めていたが、新人作家の件で会社と合わず、新人作家を売り出すことが出来なかった。悔い ★★★★☆ 亡くなった北海道のおじいちゃんがやっていた『ミュゲ書房』を引き受けることにした章。章は東京の大手出版社に勤めていたが、新人作家の件で会社と合わず、新人作家を売り出すことが出来なかった。悔いる章はその事もあり『ミュゲ書房』で一から出直そうとする。大正時代に作られた本屋さんも素敵だし、志は良いのだけれど、うまく行きすぎてる感も。ただ、世の中は悪いことがある分、良いこともその分あるのだから、そう深く考えず楽しもう。表紙が好み。 …続きを読む
    ゆりあす62
    2021年06月03日
    112人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品