最後の祈り

最後の祈り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年04月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784041109939

最後の祈り

  • 著者 薬丸 岳
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年04月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784041109939

殺人犯と、娘を殺された父。 死刑執行を前に、 命懸けの対話が始まる。

娘を殺した男がすぐ目の前にいる。贖罪や反省の思いなど微塵も窺えないふてぶてしい態度で。

東京に住む保阪宗佑は、娘を暴漢に殺された。妊娠中だった娘を含む四人を惨殺し、死刑判決に「サンキュー」と高笑いした犯人。牧師である宗佑は、受刑者の精神的救済をする教誨師として犯人と対面できないかと模索する。今までは人を救うために祈ってきたのに、犯人を地獄へ突き落としたい。煩悶する宗佑と、罪の意識のかけらもない犯人。死刑執行の日が迫るなか、二人の対話が始まる。動機なき殺人の闇に迫る、重厚な人間ドラマの書き手・薬丸岳の新たな到達点。

〈著者・薬丸岳さんから〉
「死刑になりたいから人を殺した」
「誰でもいいから人を殺したかった」
世間で無敵の人と呼ばれる凶悪犯には心がないのか。いや、そんなはずはないという祈りを込めました。
ぼくの作品の中で最も重く苦しい物語です。どうか覚悟してお読みください。

〈担当編集者から〉
 「罪を憎んで人を憎まず」と言いますが、実際に愛する人を殺されたら、そうすることはできるのでしょうか? この究極の問いを突き付けられるのは、牧師であり、無償で受刑者の精神的救済もしてきた主人公・宗佑です。品行方正に生きてきたのではなく、過去に犯した罪の罪悪感に苦しんできた宗佑。自分が救われたように、人々を救いたいという強い気持ちを持って真摯に仕事に取り組んできた彼が、何よりも大事にしてきた娘を惨殺されたら――。復讐という動機で犯人に接する宗佑に湧きおこる、まさかの感情。犯人と、彼をこの世で一番憎んでいる宗佑との対話。重いテーマではありますが、読む人の心を揺さぶる傑作です。ぜひご一読ください。
娘を殺した男がすぐ目の前にいる。贖罪や反省の思いなど微塵も窺えないふてぶてしい態度で。

東京に住む保阪宗佑は、娘を暴漢に殺された。妊娠中だった娘を含む四人を惨殺し、死刑判決に「サンキュー」と高笑いした犯人。牧師である宗佑は、受刑者の精神的救済をする教誨師として犯人と対面できないかと模索する。今までは人を救うために祈ってきたのに、犯人を地獄へ突き落としたい。煩悶する宗佑と、罪の意識のかけらもない犯人。死刑執行の日が迫るなか、二人の対話が始まる。動機なき殺人の闇に迫る、重厚な人間ドラマの書き手・薬丸岳の新たな到達点。

〈著者・薬丸岳さんから〉
「死刑になりたいから人を殺した」
「誰でもいいから人を殺したかった」
世間で無敵の人と呼ばれる凶悪犯には心がないのか。いや、そんなはずはないという祈りを込めました。
ぼくの作品の中で最も重く苦しい物語です。どうか覚悟してお読みください。

〈担当編集者から〉
 「罪を憎んで人を憎まず」と言いますが、実際に愛する人を殺されたら、そうすることはできるのでしょうか? この究極の問いを突き付けられるのは、牧師であり、無償で受刑者の精神的救済もしてきた主人公・宗佑です。品行方正に生きてきたのではなく、過去に犯した罪の罪悪感に苦しんできた宗佑。自分が救われたように、人々を救いたいという強い気持ちを持って真摯に仕事に取り組んできた彼が、何よりも大事にしてきた娘を惨殺されたら――。復讐という動機で犯人に接する宗佑に湧きおこる、まさかの感情。犯人と、彼をこの世で一番憎んでいる宗佑との対話。重いテーマではありますが、読む人の心を揺さぶる傑作です。ぜひご一読ください。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

カドブン記事一覧

【2023年07月07日】殺人犯と、娘を殺された父。 死刑執行を前に、 命懸けの対話が始まる。── 『最後の祈り』レビュー【本が好き!×カドブン】


【2023年06月13日】主人公の対話相手は「無敵の人」、冒頭の場面は死刑執行。きつくてきつくて仕方がなかった執筆を経て刊行した新刊『最後の祈り』。薬丸岳さんインタビュー


【2023年04月21日】薬丸岳の新境地であり、最高傑作! 教誨師が確定死刑囚に仕掛ける、未曾有の復讐劇。――『最後の祈り』レビュー【評者:吉田大助】


「最後の祈り」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 薬丸 岳は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者らしい骨太の慟哭のミステリ、読み応えがありました。しかし死刑囚を担当する教誨師は、凄まじく大変な仕事です。本書を読んでも、私の死刑存置派は変わり 薬丸 岳は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。著者らしい骨太の慟哭のミステリ、読み応えがありました。しかし死刑囚を担当する教誨師は、凄まじく大変な仕事です。本書を読んでも、私の死刑存置派は変わりません。https://www.kadokawa.co.jp/product/322009000359/ …続きを読む
    starbro
    2023年06月08日
    410人がナイス!しています
  • 菊池寛『ある抗議書』を思い出す。凶悪殺人者が刑務所で教誨を受けて信仰に目覚め、罪を悔いて幸福な死を迎えたと知った遺族が、被害者の魂が浮かばれないと抗議文を提出する話だ。娘を惨殺された牧師が事実を隠して 菊池寛『ある抗議書』を思い出す。凶悪殺人者が刑務所で教誨を受けて信仰に目覚め、罪を悔いて幸福な死を迎えたと知った遺族が、被害者の魂が浮かばれないと抗議文を提出する話だ。娘を惨殺された牧師が事実を隠して拘置所の教誨師になり、殺人犯と対話を重ねていく。表向きは死刑囚となった男を救うためだが、実際は『ある抗議書』の主人公が熱望したように恨みの一撃を与えるために。娘の死に様を教えられるなど苦しみに苛まれるが、心から改心した犯人に絶望の真実を告げられなかった。暗い深淵に一条の光を見つけたら、人はすがってしまうのか。 …続きを読む
    パトラッシュ
    2023年06月06日
    341人がナイス!しています
  • 多くの方がレビューに書いていますが、重たい内容ですね。しかし薬丸さんらしい作品です。主人公の保阪宗佑は牧師で、拘置所の教誨師をしている。そんな彼が娘を暴漢に殺された。犯人の石原は妊娠中だった娘を含む四 多くの方がレビューに書いていますが、重たい内容ですね。しかし薬丸さんらしい作品です。主人公の保阪宗佑は牧師で、拘置所の教誨師をしている。そんな彼が娘を暴漢に殺された。犯人の石原は妊娠中だった娘を含む四人を惨殺し、死刑判決にも反省の態度を見せない。被害者の父と教誨師としての立場で葛藤が繰り返される。そして犯人と対面し復讐を試みようとする。小説でなければ起こり得ない設定だが、面白く読みごたえがあった。聖職者の保坂が決して清廉でも強い人物でもないところが話を盛り上げていた。宗佑は教誨師の務めを果たしたと思う。 …続きを読む
    のぶ
    2023年05月10日
    241人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品