がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた

がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年01月14日
商品形態:
電子書籍

がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた

  • 漫画 内野 こめこ
  • 原作 藍原 育子
発売日:
2021年01月14日
商品形態:
電子書籍

「私なんにもわかってなかった…」育児・仕事・闘病、戦いつづけた5年間

「2人に1人ががんになる時代」。日本人女性の乳がん罹患者数は、2019年には9万人以上と女性のがんでは最も多い。乳がんは罹患数に比べると死亡数は少なく(がん罹患数予測より)、多くの患者が手術・治療を行い、日常生活に戻る。しかし退院すれば終わりなわけではなく、患者とその家族にとっては「退院こそが始まり」なのだ。

本書の原案を手掛ける藍原育子さんは、30代後半、3歳の娘の子育て真っ最中に乳がんを患った。健康系の雑誌ライターとして知識も豊富、毎年検診を受けていたにも関わらず…。初期ながら全摘を選択、転院を経て手術を行う。「これでまた、普通の生活に戻れる」と思った退院後に、術後の痛みや体調の変化、再発への不安などから、心と体のバランスを崩す。がん患者を専門に診察する精神腫瘍科医に通院し、乳がん患者向けの整体院で体のケアを行うなどしながら5年かけて家族が再生していく、その「闘病後期」の日々を中心に1冊のコミックエッセイにまとめました。
医療監修:湘南記念病院乳腺センター 土井卓子氏/コラム監修:埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科 大西秀樹氏

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読了しました。 術後の当事者がどのような心の動きの変化があるのか、詳しく知ることが出来ました。 健康な時には「これで絶対治る!」というような表現の\命の〜\なんて存在しないのに、なぜ引っかかるのかな? 読了しました。 術後の当事者がどのような心の動きの変化があるのか、詳しく知ることが出来ました。 健康な時には「これで絶対治る!」というような表現の\命の〜\なんて存在しないのに、なぜ引っかかるのかな?と不思議でした。 でも、この本を読んですべて理解することは出来なくても想像することは出来ました。 また、敏感な娘さんに対しての接し方も、自分も敏感だけど原作者のような育ち方をしたので、自分に子供ができた時の関わり方の参考にもなりました。 …続きを読む
    ☆ミント☆
    2021年01月18日
    2人がナイス!しています
  • 同病でもうすぐ術後5年の当事者です。あるあるだらけで何度もうなずいた。 同病でもうすぐ術後5年の当事者です。あるあるだらけで何度もうなずいた。
    Mayumi Maruyama
    2021年01月24日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品