がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月14日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
160
ISBN:
9784046800886

がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた

  • 漫画 内野 こめこ
  • 原作 藍原 育子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月14日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
160
ISBN:
9784046800886

「私なんにもわかってなかった…」育児・仕事・闘病、戦いつづけた5年間

「2人に1人ががんになる時代」。日本人女性の乳がん罹患者数は、2019年には9万人以上と女性のがんでは最も多い。乳がんは罹患数に比べると死亡数は少なく(がん罹患数予測より)、多くの患者が手術・治療を行い、日常生活に戻る。しかし退院すれば終わりなわけではなく、患者とその家族にとっては「退院こそが始まり」なのだ。

本書の原案を手掛ける藍原育子さんは、30代後半、3歳の娘の子育て真っ最中に乳がんを患った。健康系の雑誌ライターとして知識も豊富、毎年検診を受けていたにも関わらず…。初期ながら全摘を選択、転院を経て手術を行う。「これでまた、普通の生活に戻れる」と思った退院後に、術後の痛みや体調の変化、再発への不安などから、心と体のバランスを崩す。がん患者を専門に診察する精神腫瘍科医に通院し、乳がん患者向けの整体院で体のケアを行うなどしながら5年かけて家族が再生していく、その「闘病後期」の日々を中心に1冊のコミックエッセイにまとめました。
医療監修:湘南記念病院乳腺センター 土井卓子氏/コラム監修:埼玉医科大学国際医療センター精神腫瘍科 大西秀樹氏

もくじ

「がんは自分の一部なんだ…」と受け入れるまでの5年間、手術、通院、仕事、育児…その思いに至るまでの葛藤の日々を描く

プロローグ
1話●治療法を決めるのは…私?
2話●さーちゃんのママからがん患者へ
3話● 「やりたい」を叶えてくれる病院はどこ?
4話● がんを知られたくない
5話● かわいそうの呪い
6話● いよいよ手術へ
7話● 退院は始まりだった
8話● 「大丈夫だよ」と言ってほしい
9話● ママの中にいるバイキン
10話● 空っぽの心
11話● どうにかしなきゃと前を向く
12話● 片づけして見えてきたもの
13話● 小1の壁と術後5年目
エピローグ

メディアミックス情報

NEWS

「がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 医療系ライターの方の乳がん闘病記,絵はかわいいのだけど内容は重い.「知識」として知っていたことと当事者となった体験では大きく異なるのだと知る.「怪しげな情報に惑わされないで」と記事を書いていたご本人が 医療系ライターの方の乳がん闘病記,絵はかわいいのだけど内容は重い.「知識」として知っていたことと当事者となった体験では大きく異なるのだと知る.「怪しげな情報に惑わされないで」と記事を書いていたご本人が占いにすがったりされる場面が象徴的.「がんばれ」も「可哀そう」も「初期でよかったね」も「もっとつらい人もいる」もすべて追い詰める言葉になりうる.やっぱりですね,がんは「検診の意義が証明されているがん検診をきちんと受ける」に尽きる.女性なら乳がん・子宮頚がん.大腸がん・日本人は胃も. …続きを読む
    Twakiz
    2021年07月25日
    27人がナイス!しています
  • 医療系の記事を書いてきたライターさんによる乳がん体験記をコミック化したもの。乳がんに限らず、病気というものはひとくくりに出来るものではないけれど、大きな経験をした苦しみと哀しみ、いらだちやさみしさなど 医療系の記事を書いてきたライターさんによる乳がん体験記をコミック化したもの。乳がんに限らず、病気というものはひとくくりに出来るものではないけれど、大きな経験をした苦しみと哀しみ、いらだちやさみしさなどを、ひとりひとりの体験として知ることには意味があると思います。柔らかくて見やすい絵柄、添えられている解説が分かりやすいことなども良かった。おすすめです。 …続きを読む
    くさてる
    2021年04月10日
    21人がナイス!しています
  • やっぱりこんなふうに心が揺れるだろうなぁ。読友さんご紹介本 やっぱりこんなふうに心が揺れるだろうなぁ。読友さんご紹介本
    ごへいもち
    2021年04月14日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品