試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041099681

さくら、うるわし 左近の桜

  • 著者 長野 まゆみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041099681

甘美な異界への誘い――匂いたつかぐわしさにほろ酔う連作幻想譚。

小旅館「左近(さこん)」の長男・桜蔵(さくら)は、母と弟が暮らす家を離れ、父・柾(まさき)の元から大学に通っている。柾の庶子ではあるが特に不自由はなく、柾の本妻である遠子(とおこ)とは、気軽に連れ立って出かけられるほどだ。複雑な家族関係に不満はないが、誰からか継いだ、不可思議な体質は困りものだ。見えないはずのものを見てしまうだけでなく、その者たちに魅入られ、身体をほしいままにされてしまう。それも、集まってくる者たちはいずれも桜蔵を「いい女」と呼んではばからないのだ。
耳を求めさまよう犬、男か女か判然としないマネキン――この世ならぬものたちが桜蔵の身体を求め……。生と性、死の気配が絡み合う珠玉の連作幻想譚。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

その犬に耳はあるか
この川、渡るべからず
ありえないことについての、たとえ
その犬の飼い主に告ぐ

解説・門賀美央子

メディアミックス情報

NEWS

「さくら、うるわし 左近の桜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ3冊目は前作よりも,一本のお話にページを割いている分本数は少ないが、目覚めても目覚めても尚夢の中、何処までも醒めない夢を漂い輪郭は朧に霞ませながらも、濃密な印象が残る。桜蔵自身もまた、誰かの見 シリーズ3冊目は前作よりも,一本のお話にページを割いている分本数は少ないが、目覚めても目覚めても尚夢の中、何処までも醒めない夢を漂い輪郭は朧に霞ませながらも、濃密な印象が残る。桜蔵自身もまた、誰かの見る夢なのかもしれないと思いたくなります。ただ、主人公の成長に伴い、憑坐体質にも馴れて傍観者としての立場に自覚的と言うか動じる事も少なく、前作までの昭和の残滓を感じさせる舞台装置がなくなり、現代的なツールの絡む描写が増えたためか、3冊続けて読むと、もうあの頃の桜蔵には逢えないんだなと、何となく寂しさを感じます。 …続きを読む
    2021年11月08日
    21人がナイス!しています
  • 前2巻に比べて1つの話が少し長めになっている。長野先生作品には珍しく犬の登場率が高い。解説で女と犬の組み合わせの意味を読んで納得。桜蔵が夢と現の狭間でこの世ならざるものに抱かれ慣れてきたのか状況把握が 前2巻に比べて1つの話が少し長めになっている。長野先生作品には珍しく犬の登場率が高い。解説で女と犬の組み合わせの意味を読んで納得。桜蔵が夢と現の狭間でこの世ならざるものに抱かれ慣れてきたのか状況把握が早くなってる気がするのが少し面白い。魂の救済をすることに今までと比べたら受動的ではなくなってきているように思う。柾さんの過去のベールが少しずつ剥がされてきているので、これから桜蔵と柾さんがどんなやりとりをしていくのかが楽しみ。それにしても千菊が高校生になってることに驚き。柾さんにどんどん似ていくんだろうな…。 …続きを読む
    さや
    2021年07月25日
    14人がナイス!しています
  • 左近の桜シリーズ第3段。シリーズ当初は高校一年生だった桜蔵も本作では大学生。実家を離れ、柾の元へ寄宿している。短編集ではあるが、前作までと比べ一編の長さはやや長め。個人的にはこれくらいのボリュームの方 左近の桜シリーズ第3段。シリーズ当初は高校一年生だった桜蔵も本作では大学生。実家を離れ、柾の元へ寄宿している。短編集ではあるが、前作までと比べ一編の長さはやや長め。個人的にはこれくらいのボリュームの方が楽しめる。相変わらず彼岸に引っ張られがちで、流され気味、よく気を失い、気づけば裸になっている。前作のラストでの柾の発言はなかなか胸をざわつかせるもので、とうとう桜蔵は囲われてしまうのかと思ったが、そういうわけでもなく。まあ「女」ではあるのだけど。本作も楽しく読み進めた。次回作も気長に待ちたい。 …続きを読む
    2021年02月21日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品