角川文庫

左近の桜

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043944576
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

左近の桜

  • 著者 長野 まゆみ
  • デザイン 角川書店装丁室 西村弘美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784043944576

匂いたつかぐわしさにほろ酔う、大人のための連作奇譚

武蔵野にたたずむ料理屋「左近」。じつは、男同士が忍び逢う宿屋である。宿の長男で十六歳の桜蔵にはその気もないが、あやかしの者たちが現れては、交わりを求めてくる。そのたびに逃れようとする桜蔵だが。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「左近の桜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いちこさんからのおすすめ本。15歳以下の少年を対象に独特の世界観を作っていた著者ですが16歳の青年を主人公にしたことで幻想的な妖しさが出ている(どちらも好きですが…)。『背中に蝶が群れて翔んでいる』話 いちこさんからのおすすめ本。15歳以下の少年を対象に独特の世界観を作っていた著者ですが16歳の青年を主人公にしたことで幻想的な妖しさが出ている(どちらも好きですが…)。『背中に蝶が群れて翔んでいる』話が特に印象的!最近感じるのは少しここらで「箸休め」的な感覚で長野さんを読んでいる自分がいるらしい。それだけ相性がいいんでしょう! …続きを読む
    コットン
    2013年06月11日
    80人がナイス!しています
  • 再読です。十二か月の話なので「一か月に一話」と決めて読んできました。人または人でないモノである「男」に極上の「女」として見初められ、養われ、彼岸と此岸を行き来する桜蔵(「少年あるいは青年」)はうっかり 再読です。十二か月の話なので「一か月に一話」と決めて読んできました。人または人でないモノである「男」に極上の「女」として見初められ、養われ、彼岸と此岸を行き来する桜蔵(「少年あるいは青年」)はうっかりもほどがあるが桜の花びら、蝶、髪の毛、西瓜、鍵、手帳、器、蜃などありふれたものに隠された意味がよりストイックで艶めかしくさせています。今時、珍しい粋も垣間見えて興味深いです。「秘すれば花なり」という言葉がこの作品には合うと思います。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2012年03月01日
    61人がナイス!しています
  • 『百鬼夜行抄』に『エマニエル夫人』を投入して桜葉でゆるっとコーティングした感じ。耽美で夢幻的。しっとりと艶っぽくて、官能風なんだけどサラサラ読める。淑やかで風情があって言葉のひとつひとつが無駄のない美 『百鬼夜行抄』に『エマニエル夫人』を投入して桜葉でゆるっとコーティングした感じ。耽美で夢幻的。しっとりと艶っぽくて、官能風なんだけどサラサラ読める。淑やかで風情があって言葉のひとつひとつが無駄のない美しさで、その独特の世界観が心地よい。青年と少年とのあわいに漂う、まさに匂い立つような危うさが人ならぬものを呼び寄せるのだろうか。しかし桜蔵くんも受難続きやね。あれじゃ身がもたんやろに。身内すら妖みたいなもんやし。柾さんの入れるココアの描写がすばらしくて、わたしもご相伴にあずかりたい!と本気で思ってしまった。 …続きを読む
    瑞佳
    2016年11月30日
    54人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品