角川文庫

デカルコマニア

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041069158
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

デカルコマニア

  • 著者 長野 まゆみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041069158

きみも時間旅行をしてみたくないか――?時空を超えて漂流する一族のサーガ

きっかけは図書室でみつけた一冊の古書だった。亀甲文字で印刷された中世の書物にぼくは夢中になる。時間旅行装置《デカルコ》で時を隔てた世界を行き来する者たち、その実用化を目指す国際的な研究機関ICOD、突如現れては、運命の女について語って去ってゆく謎めいた少年……メビウスの輪のようによじれた時空間を自在に移動し、とある海洋国でかつて栄華を誇った一族の奇妙な足跡と家系図の迷宮を描いた壮大なサーガ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「デカルコマニア」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 風変りな題名に惹かれて手に取った。思ったよりも物語の世界に入っていくのに時間がかかった。読了しても著者のたくらみをつかみ切れていないなと感じる部分が多く、解説が理解の一助となった。 風変りな題名に惹かれて手に取った。思ったよりも物語の世界に入っていくのに時間がかかった。読了しても著者のたくらみをつかみ切れていないなと感じる部分が多く、解説が理解の一助となった。
    佐島楓@勉強中
    2018年08月08日
    54人がナイス!しています
  • 時間の上を行きつ戻りつしながら生きる一族の物語。時間旅行装置《デカルコマニア》に乗って未来からやって来る者たちと時間の中を渡り歩く者たち。語り手はいつだって本当のことを言っているつもりで、だからこそ真 時間の上を行きつ戻りつしながら生きる一族の物語。時間旅行装置《デカルコマニア》に乗って未来からやって来る者たちと時間の中を渡り歩く者たち。語り手はいつだって本当のことを言っているつもりで、だからこそ真実にはなかなか手が届かない。ぐらぐらと脳みそを揺らしながら、時間と空間の坩堝に呑み込まれてゆく。始まりから終わりまでたいへん長野まゆみ的で大満足。新世界やカルトローレの匂い。読み終わった後、家系図を書くのが楽しかった。 …続きを読む
    穂積
    2019年01月15日
    17人がナイス!しています
  • 長野まゆみさんが組み立てる積み木は、時間や知識など飛び越えているから、一つ一つのパーツが自在に形を変える。だから、ミラクル、面白い。とはいえ、読者としてみれば、時が300年間も行ったり来たりするし、同 長野まゆみさんが組み立てる積み木は、時間や知識など飛び越えているから、一つ一つのパーツが自在に形を変える。だから、ミラクル、面白い。とはいえ、読者としてみれば、時が300年間も行ったり来たりするし、同じ人物であっても名前の表現がクルクル変わるから、mapや年譜などの作成が欠かせない。努力の甲斐あり、鳥類図鑑さんがボクのパパと知れた時、たったこれだけのことでクロスワードを解いた気分になる。デカルコマニア、このテクノロジーさえあれば、私も吉宗公に目黒のサンマを差し上げることができるかもしれない。 …続きを読む
    Kei.ma
    2019年04月21日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品