試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041098707

里山奇談 あわいの歳時記

  • 著者 coco
  • 著者 日高 トモキチ
  • 著者 玉川 数
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041098707

”生き物屋”たちが四季折々の里山で蒐集した不思議なお話。

桜祭りの帰りに見た宙に浮く柔らかな光、川で投網を打つ人を襲った足元の砂の奇妙な動き、山道で「おおい、おおい」と呼びかけてくる声、憑物を籠めているという壺の秘密……不思議でどこか懐かしい短編集。

メディアミックス情報

NEWS

「里山奇談 あわいの歳時記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第3弾から読んでしまいましたが、たぶん順番関係ないでしょ✨(笑)日本ならではの感覚溢れる素敵なお話たち。怖さと不思議と神秘がすぐ隣にある生活、「山のおばあちゃんの家」というイメージって今はもう難しいの 第3弾から読んでしまいましたが、たぶん順番関係ないでしょ✨(笑)日本ならではの感覚溢れる素敵なお話たち。怖さと不思議と神秘がすぐ隣にある生活、「山のおばあちゃんの家」というイメージって今はもう難しいのかな。幸いにも私は和歌山に母方の実家があり、里山どころか山奥奇談に溢れた経験ができましたが、今思うとすごく貴重な体験だったなぁ。 …続きを読む
    ちょん
    2021年08月13日
    21人がナイス!しています
  • 不思議な話が多いシリーズだが、今回は怖い感じのものも結構あった。「震々」「みているもの」「風の抜ける荒地」「夜警」あたりが好みだった。 不思議な話が多いシリーズだが、今回は怖い感じのものも結構あった。「震々」「みているもの」「風の抜ける荒地」「夜警」あたりが好みだった。
    そうさん
    2021年09月07日
    7人がナイス!しています
  • シリーズ角川文庫3冊目。前作よりも引き込まれました。奇談には起承転結、あるいは序破急はなくても十分伝わる話があると思います、そんな話もちらほらあったのが良かったと感じました。ただ、各章の著者が誰なのか シリーズ角川文庫3冊目。前作よりも引き込まれました。奇談には起承転結、あるいは序破急はなくても十分伝わる話があると思います、そんな話もちらほらあったのが良かったと感じました。ただ、各章の著者が誰なのかはわからず仕舞いなのは前作同様、少し残念。 …続きを読む
    流石全次郎
    2021年09月17日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品