試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041098707

里山奇談 あわいの歳時記

  • 著者 coco
  • 著者 日高 トモキチ
  • 著者 玉川 数
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041098707

”生き物屋”たちが四季折々の里山で蒐集した不思議なお話。

桜祭りの帰りに見た宙に浮く柔らかな光、川で投網を打つ人を襲った足元の砂の奇妙な動き、山道で「おおい、おおい」と呼びかけてくる声、憑物を籠めているという壺の秘密……不思議でどこか懐かしい短編集。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「里山奇談 あわいの歳時記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このシリーズはハズレが無いなあ。人だけじゃなくて石とか木とか水とか、その他さまざまな生き物たち、その土地土地に長く根付いているモノたちが守り繫いできた記憶を分けて貰ったような気持ちになる。実話怪談とい このシリーズはハズレが無いなあ。人だけじゃなくて石とか木とか水とか、その他さまざまな生き物たち、その土地土地に長く根付いているモノたちが守り繫いできた記憶を分けて貰ったような気持ちになる。実話怪談というより上質な説話集といった趣。だからといって怪談的要素がないわけじゃなくて、ところどころに混じった「濃いモノ」にゾクッとされられもする。偶然なんだろうけど、これの前に三峯の御眷属様や憑き物、蠱物が出てくる本を立て続けに読んでたから、なんか呼ばれたのかな、と怖くなった。(^_^;) …続きを読む
    あき
    2021年07月18日
    1人がナイス!しています
  • 里山の不思議なお話の第3集。 子どもの頃の夏休みに里帰りをした様な懐かしさを感じるシリーズ。ひぐらしの声とか合うなと。 三峰神社のお話があったが、以前友人との小旅行で参拝したが雰囲気とか凄く納得出来た 里山の不思議なお話の第3集。 子どもの頃の夏休みに里帰りをした様な懐かしさを感じるシリーズ。ひぐらしの声とか合うなと。 三峰神社のお話があったが、以前友人との小旅行で参拝したが雰囲気とか凄く納得出来た。 もう一度是非お詣りをしたいと切に願う。 …続きを読む
    よねこ
    2021年07月23日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品