雲神様の箱 名もなき王の進軍

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041098639

雲神様の箱 名もなき王の進軍

  • 著者 円堂 豆子
  • カバーイラスト 苗村 さとみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041098639

土雲の一族が崇めていた神の正体は……? 古代日本ファンタジー第二弾!

一族の秘具<雲神様の箱>と共に山をおりたセイレンは、湖国の若王・雄日子の守り人となり大王への反逆の旅路についた。しかし一族の神の怒りが、セイレンや周囲の者達へ容赦なく襲い掛かり……

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「雲神様の箱 名もなき王の進軍」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 一族の秘具と共に山を降り、湖国の若王・雄日子の守り人となり大王への反逆の旅路についたセイレン。一方、一族の怒りに気づいた神の怒りが思わぬ展開に繋がってゆく第二弾。念願の出会いを果たした雄日子と多数の馬 一族の秘具と共に山を降り、湖国の若王・雄日子の守り人となり大王への反逆の旅路についたセイレン。一方、一族の怒りに気づいた神の怒りが思わぬ展開に繋がってゆく第二弾。念願の出会いを果たした雄日子と多数の馬を育てる牧の若長・荒籠。荒籠に見惚れてしまうセイレンと、怒れる大地の神から思ってもみなかった要求を突きつけられる石媛。事態が大きく動き出して戦が近づくのを実感する展開でしたけど、変化の兆しを見せ始めるセイレンの様子も気になりますが、セイレンと石媛の行動がそれぞれに影響を及ぼしている構図がなかなか面白いですね。 …続きを読む
    よっち
    2020年10月25日
    15人がナイス!しています
  • ★★★★☆ ★★★★☆
    日向
    2020年10月25日
    1人がナイス!しています
  • 前回は序章といった感じで、物足りない部分もあったけど、今回は雄日子が動きはじめたことで物語も大きく動きはじめた感じ。土雲の里や、新たな一族、人の形をとって現れた大地の神など、期待を裏切らないけど予想は 前回は序章といった感じで、物足りない部分もあったけど、今回は雄日子が動きはじめたことで物語も大きく動きはじめた感じ。土雲の里や、新たな一族、人の形をとって現れた大地の神など、期待を裏切らないけど予想は裏切ってくるストーリーに、読む手が止まらず一気に読んでしまった。全編通して緊張感があるんだけど、相変わらず気のいいお兄ちゃんな藍十の存在にほっとした。 …続きを読む
    ゆかこ
    2020年10月23日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品