雲神様の箱 名もなき王の進軍

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041098639

雲神様の箱 名もなき王の進軍

  • 著者 円堂 豆子
  • カバーイラスト 苗村 さとみ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041098639

土雲の一族が崇めていた神の正体は……? 古代日本ファンタジー第二弾!

一族の秘具<雲神様の箱>と共に山をおりたセイレンは、湖国の若王・雄日子の守り人となり大王への反逆の旅路についた。しかし一族の神の怒りが、セイレンや周囲の者達へ容赦なく襲い掛かり……

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「雲神様の箱 名もなき王の進軍」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2巻目でだいぶ物語が見えてきました。雄日子は継体天皇をイメージしているのかな?荒籠と意気投合し、これから快進撃が始まると思うとワクワクします。ここにどうやって麁鹿火が加わっていくのか楽しみです。今のと 2巻目でだいぶ物語が見えてきました。雄日子は継体天皇をイメージしているのかな?荒籠と意気投合し、これから快進撃が始まると思うとワクワクします。ここにどうやって麁鹿火が加わっていくのか楽しみです。今のところセイレンはあまりに子供だけど、石媛の行く末も絡んでどう変化していくか目が離せません。 …続きを読む
    さつき
    2021年02月10日
    78人がナイス!しています
  • 前巻に比べて、ずっと引き込まれる内容でした。 ただ、雄日子の印象が前巻と全く逆になってしまったのが少し残念です。 前巻の感じでは、不思議な力を持った田舎の娘が戦乱に巻き込まれる話という印象でした。今回 前巻に比べて、ずっと引き込まれる内容でした。 ただ、雄日子の印象が前巻と全く逆になってしまったのが少し残念です。 前巻の感じでは、不思議な力を持った田舎の娘が戦乱に巻き込まれる話という印象でした。今回もそれは同様なのですが、土雲の一族の謎がセイレンの今後に大きく影響を与えそうで、雄日子の物語より、そちらの方が気になります。 セイレンが少し、子供っぽいですが、逆にそのことによって、彼女の真っすぐなものの見方がより純粋に感じれますね! 土蜘蛛から脱走した二人も気になりますし、続刊に期待です!! …続きを読む
    つっちー
    2021年02月06日
    45人がナイス!しています
  • 一族の秘具と共に山を降り、湖国の若王・雄日子の守り人となり大王への反逆の旅路についたセイレン。一方、一族の怒りに気づいた神の怒りが思わぬ展開に繋がってゆく第二弾。念願の出会いを果たした雄日子と多数の馬 一族の秘具と共に山を降り、湖国の若王・雄日子の守り人となり大王への反逆の旅路についたセイレン。一方、一族の怒りに気づいた神の怒りが思わぬ展開に繋がってゆく第二弾。念願の出会いを果たした雄日子と多数の馬を育てる牧の若長・荒籠。荒籠に見惚れてしまうセイレンと、怒れる大地の神から思ってもみなかった要求を突きつけられる石媛。事態が大きく動き出して戦が近づくのを実感する展開でしたけど、変化の兆しを見せ始めるセイレンの様子も気になりますが、セイレンと石媛の行動がそれぞれに影響を及ぼしている構図がなかなか面白いですね。 …続きを読む
    よっち
    2020年10月25日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品