• 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041095805

るんびにの子供

  • 著者 宇佐美まこと
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041095805

ホラー&ミステリの宇佐美まことのデビュー作。受賞作を含む7篇を収録。

草が生い茂り危ないからと近づくのを禁止された池で、四人の園児たちは水から上がってくる自分たちと同じ年齢の少女を茫然と見つめていた。その後、その女の子を園でも見かけるようになり……(「るんびにの子供」)。女のヒモ生活を追い出され、悪事の果てに辿り着いた古家の老夫婦に孫だと思わせ同居する男ーー(「柘榴の家」)。妹の性格が気に入らない姉が犬の散歩で見かけた右手のみの手袋が、だんだん家に近づいてきたらーー(「手袋」)。第1回『幽』怪談文学賞短部門で大賞を受賞した「るんびにの子供」ほか『幽』に掲載された「獺祭」、書下ろし作「狼魄」を含めた怪談作品を7篇を収録。待望の文庫化。
解説は『幽』怪談文学賞で選考委員を担当された岩井志麻子氏。

もくじ

るんびにの子供
柘榴の家
手袋
キリコ
飛び出す絵本
獺祭
狼魄(かきおろし)
解説:岩井志麻子

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品