るんびにの子供 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2020年08月25日
商品形態:
電子書籍

るんびにの子供

  • 著者 宇佐美まこと
発売日:
2020年08月25日
商品形態:
電子書籍

ホラー&ミステリの宇佐美まことのデビュー作。受賞作を含む7篇を収録。

草が生い茂り危ないからと近づくのを禁止された池で、四人の園児たちは水から上がってくる自分たちと同じ年齢の少女を茫然と見つめていた。その後、その女の子を園でも見かけるようになり……(「るんびにの子供」)。女のヒモ生活を追い出され、悪事の果てに辿り着いた古家の老夫婦に孫だと思わせ同居する男ーー(「柘榴の家」)。妹の性格が気に入らない姉が犬の散歩で見かけた右手のみの手袋が、だんだん家に近づいてきたらーー(「手袋」)。第1回『幽』怪談文学賞短部門で大賞を受賞した「るんびにの子供」ほか『幽』に掲載された「獺祭」、書下ろし作「狼魄」を含めた怪談作品を7篇を収録。待望の文庫化。
解説は『幽』怪談文学賞で選考委員を担当された岩井志麻子氏。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「るんびにの子供」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宇佐美さんコンプリートは今年に文庫化されたデビュー作…切れ味鋭いホラーが7つの短編集。イヤミスな要素も入った表題作は標準以上で、現在の活躍が頷ける。それ以上に気に入ったのがダークファンタジーテイスト『 宇佐美さんコンプリートは今年に文庫化されたデビュー作…切れ味鋭いホラーが7つの短編集。イヤミスな要素も入った表題作は標準以上で、現在の活躍が頷ける。それ以上に気に入ったのがダークファンタジーテイスト『とびだす絵本』、戦時中の中国を絡めた『狼魄』どちらも切ない情と心の闇をバランス好くミックスしていて、共感しながらゾッとできるのが嬉しい。グロイ描写に頼らず、ヒタヒタと音もなく迫ってくる静かな恐怖に「品が良いなぁ」と思えた。近作は新しい方向性で成功しているが、たまには原点に戻って、ホラーでも楽しませて欲しい♬ …続きを読む
    しんたろー
    2020年11月06日
    187人がナイス!しています
  • 追加2篇に惹かれて文庫版での再読。1年ちょっと前の読了時からもう、デビュー作での完成度に感銘を受けていたが、各篇ともに読み始めて「あーあ…」と展開思い出して感じる身震いを堪能♬繰り返す様だが、取り上げ 追加2篇に惹かれて文庫版での再読。1年ちょっと前の読了時からもう、デビュー作での完成度に感銘を受けていたが、各篇ともに読み始めて「あーあ…」と展開思い出して感じる身震いを堪能♬繰り返す様だが、取り上げるのはザクロに手袋に呪術など身近でよく目にする特別珍しいモノではない。そこから不気味かつ不穏な空気を一面に漂わせるのがスゴい!それに乱されるのは日常…追加された「獺祭」「狼魄」で扱われるカワウソや伝説のオオカミにもゾクゾクさせられる!今回イチは「とびだす絵本」での乱歩名作と重なり迎えるラストに感じる至福かな♬ …続きを読む
    nobby
    2020年09月27日
    154人がナイス!しています
  • [読メ登録100冊目]宇佐美さんは初読み。これがデビュー作なんですね!「るんびにの子供」…“見える”のか“見せている”のか?「柘榴の家」…“利害関係の一致”がまさかの展開に!「手袋」…両極端な姉妹に忍 [読メ登録100冊目]宇佐美さんは初読み。これがデビュー作なんですね!「るんびにの子供」…“見える”のか“見せている”のか?「柘榴の家」…“利害関係の一致”がまさかの展開に!「手袋」…両極端な姉妹に忍び寄る…?「キリコ」…某名作ミステリーを連想(笑)「とびだす絵本」…大人のブラックな“おとぎ話”!?「獺祭」…わずか5ページの奇妙でおかしな話(笑)「狼魄」…使い方のレベルが違いすぎ(苦笑)◇“身の毛もよだつ”恐怖ではなく、心理的にジワッとくる怖さですね。女性作家さんならではの“女性の心理”の描写が秀逸です! …続きを読む
    麦ちゃんの下僕
    2020年09月29日
    123人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品