試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041026335

虹色の童話

  • 著者 宇佐美まこと
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041026335

推理作家協会賞受賞作家が贈る、イヤミス×本当は怖い童話!

民生委員の千加子は、「レインボーハイツ」をたびたび訪れる。その名が虚しく響く、くすんだ灰色のマンション。そこに住む、なかば育児放棄された5歳児・瑠衣を世話するためだ。他の住人たちも生活に倦み疲れ、暗い陰をまとっていたが、やがて必然のように不幸が打ち続く。その裏にちらつく小さな影は一体……日常にじわりと滲み出す闇を生々しく描く、長編ホラーミステリー。解説:千街晶之


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「虹色の童話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宇佐美さん初期の中編は、DV・リストラ・義母娘関係・育児ノイローゼなどを登場人物たちに背負わせて「嫌ホラー」とでも言えそうな陰鬱な雰囲気にゾッとさせられた。初期のグリム童話にある残酷性を紹介しつつ物語 宇佐美さん初期の中編は、DV・リストラ・義母娘関係・育児ノイローゼなどを登場人物たちに背負わせて「嫌ホラー」とでも言えそうな陰鬱な雰囲気にゾッとさせられた。初期のグリム童話にある残酷性を紹介しつつ物語に絡めているのが面白いし、誰もが持っていそうな闇を描いているので、恐怖は身近にあると思わされる。ホラーゆえに釈然としない部分や強引に結び付けていると感じる部分も散見するが、短い章建てでテンポが好いので大して気にならないで済んだ。夢に見るほど怖い訳ではなかったが、気軽にホラーを楽しむには丁度良い作品だと思う。 …続きを読む
    しんたろー
    2018年10月18日
    187人がナイス!しています
  • 夫と死別し姑の介護をする女性が主人公。資産があり息子も独立し安定した生活を送る。そんな彼女が民生委員として、地域の福祉活動を行うなかで起こる事件の物語。本書解説は日常の「魔」「狂気」と評するがしっくり 夫と死別し姑の介護をする女性が主人公。資産があり息子も独立し安定した生活を送る。そんな彼女が民生委員として、地域の福祉活動を行うなかで起こる事件の物語。本書解説は日常の「魔」「狂気」と評するがしっくりこない。個人の意識のなかで先鋭化されただけの利己ではないだろうか。そして、人間社会の最小単位とされる家族がその利己を抑制していることを表現しているのだろうか。自己のなかでは利他が利己を越えることができないのだろうかと思惟した。中盤からの豹変の描写には引き込まれた。童話や伝説に人間社会の智恵があることも再認識。 …続きを読む
    ろくせい
    2019年06月18日
    178人がナイス!しています
  • 古びた賃貸マンション「レインボーハイツ」は不穏な空気が纏う。5歳の瑠衣の祖父はアル中で瑠衣を保育園にやらないと言い張る。失業して就活しない夫に代わり、夜の小料理屋で働き始めた妻の帰宅が遅れ始めたのが気 古びた賃貸マンション「レインボーハイツ」は不穏な空気が纏う。5歳の瑠衣の祖父はアル中で瑠衣を保育園にやらないと言い張る。失業して就活しない夫に代わり、夜の小料理屋で働き始めた妻の帰宅が遅れ始めたのが気にくわない夫。別れた夫が娘を奪いにくるのが怖くて引きこもる女。優しい夫が暴力をふるうのはきっと自分に至らないところがあると思い込むも怯える日々を送る妻。再婚相手の娘が反抗的、姑は意地悪、年齢的に子供は望めない管理人夫婦の息子の嫁。民生委員千加子は改善できればと足繫くレインボーハイツに通うも、ある日殺人事件が→ …続きを読む
    りゅう☆
    2019年05月09日
    99人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品