試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041093122

事件持ち

  • 著者 伊兼 源太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年05月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041093122

報道・警察小説の新たなる金字塔。「正義」を忘れた全ての人へ。

【ぶつかりあう報道と捜査の信念!元新聞記者の著者が描く傑作ミステリ!】

千葉県下で起きた連続猟奇殺人事件。
入社2年目の報日新聞の記者・永尾哲平は事件直後の聞き込みで、被害者2人を知る不審な男・魚住優に偶然接触する。
その後、魚住は失踪。県警一課の津崎庸介も重要参考人として、魚住の後を追う。
捜査情報をつかめずに苛立つ記者クラブは県警批判を開始する。犯人逮捕の手がかりを得られない県警は、ある取引を報日新聞に持ち掛けるが――。
永尾と津崎、2人は交錯する2つの使命に揺れ動く。

▼事件持ち
自分の持ち場で頻繁に大きな事件が発生する記者を表す単語。揶揄でもあり、大きなヤマを踏めるわずかばかりの羨望も混ざっている。


警察とマスコミの双方に存在理由を問う真摯な姿勢。唸るほどの終盤の畳みかける展開。一作ごとに実力をつけてきた著者の熱量の高い力作だ。
――三橋曉さん(書評家)

なんたる臨場感、凄い!フェイクニュースはびこる今だからこそ、この作品が必要!
――内田剛さん(フリーランス書店員)

メディアミックス情報

NEWS

「事件持ち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 千葉県の谷津干潟周辺で連続して起きた猟奇殺人事件。事件の取材をする入社2年目の報日新聞記者・長尾。犯人を追う刑事の津崎。真犯人はある種のサイコパスかと思った。骨太の警察・記者もの、面白かったです。 千葉県の谷津干潟周辺で連続して起きた猟奇殺人事件。事件の取材をする入社2年目の報日新聞記者・長尾。犯人を追う刑事の津崎。真犯人はある種のサイコパスかと思った。骨太の警察・記者もの、面白かったです。
    ゆみねこ
    2020年06月14日
    75人がナイス!しています
  • 新聞記者と刑事という2つの異なる立場から、猟奇殺人事件の犯人を追うというストーリー。自分の仕事が社会の役に立っているのかという疑問を持ちつつも、仕事に向き合う二人。ともすると対立しがちな立場同士だが、 新聞記者と刑事という2つの異なる立場から、猟奇殺人事件の犯人を追うというストーリー。自分の仕事が社会の役に立っているのかという疑問を持ちつつも、仕事に向き合う二人。ともすると対立しがちな立場同士だが、矜持を持って仕事にあたる事に変わりはない。かつては記者をしていたという作者の経験が、存分に発揮された読みごたえのある作品だった。 …続きを読む
    Ayako
    2020年06月25日
    23人がナイス!しています
  • 若手新聞記者と刑事。殺人事件のことを知ってると思われる男を記者が取材していた。そこから警察が新聞社に取材内容を公開しろという。二人ので語られるストーリー、犯人は誰なのかと読みながら楽しめました。犯人の 若手新聞記者と刑事。殺人事件のことを知ってると思われる男を記者が取材していた。そこから警察が新聞社に取材内容を公開しろという。二人ので語られるストーリー、犯人は誰なのかと読みながら楽しめました。犯人のなんと自分勝手な都合に嫌になりますが、この二人の違う事件を読んでみたいです。 …続きを読む
    ちゃさち
    2020年07月09日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品