試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年05月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041093122

事件持ち

  • 著者 伊兼 源太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年05月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784041093122

報道・警察小説の新たなる金字塔。「正義」を忘れた全ての人へ。

【ぶつかりあう報道と捜査の信念!元新聞記者の著者が描く傑作ミステリ!】

千葉県下で起きた連続猟奇殺人事件。
入社2年目の報日新聞の記者・永尾哲平は事件直後の聞き込みで、被害者2人を知る不審な男・魚住優に偶然接触する。
その後、魚住は失踪。県警一課の津崎庸介も重要参考人として、魚住の後を追う。
捜査情報をつかめずに苛立つ記者クラブは県警批判を開始する。犯人逮捕の手がかりを得られない県警は、ある取引を報日新聞に持ち掛けるが――。
永尾と津崎、2人は交錯する2つの使命に揺れ動く。

▼事件持ち
自分の持ち場で頻繁に大きな事件が発生する記者を表す単語。揶揄でもあり、大きなヤマを踏めるわずかばかりの羨望も混ざっている。


警察とマスコミの双方に存在理由を問う真摯な姿勢。唸るほどの終盤の畳みかける展開。一作ごとに実力をつけてきた著者の熱量の高い力作だ。
――三橋曉さん(書評家)

なんたる臨場感、凄い!フェイクニュースはびこる今だからこそ、この作品が必要!
――内田剛さん(フリーランス書店員)

メディアミックス情報

NEWS

「事件持ち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 連続殺人事件を二つの視点で描く物語は既視感があるものの現代の風潮を巧みに掬い上げて考えさせられる力作になっていた…新聞記者2年目で実績も自信もなく、報道の意義にも疑問を感じている永尾、36歳で警察官と 連続殺人事件を二つの視点で描く物語は既視感があるものの現代の風潮を巧みに掬い上げて考えさせられる力作になっていた…新聞記者2年目で実績も自信もなく、報道の意義にも疑問を感じている永尾、36歳で警察官として矜持が持てずにいる警部補・津崎、二人の感じている仕事に対する違和感は正に今の時代を捉えて問題提起をしている。SNSで情報が手軽に入る世の中で、新聞の立ち位置まで踏み込んでいるのが好感。サスペンスとしても二転三転する展開と終盤の緊迫感が良く、永尾の先輩・上司たちのキャラも好み、成長物語でもあるのも楽しめた。 …続きを読む
    しんたろー
    2020年09月30日
    191人がナイス!しています
  • 千葉県の谷津干潟周辺で連続して起きた猟奇殺人事件。事件の取材をする入社2年目の報日新聞記者・長尾。犯人を追う刑事の津崎。真犯人はある種のサイコパスかと思った。骨太の警察・記者もの、面白かったです。 千葉県の谷津干潟周辺で連続して起きた猟奇殺人事件。事件の取材をする入社2年目の報日新聞記者・長尾。犯人を追う刑事の津崎。真犯人はある種のサイコパスかと思った。骨太の警察・記者もの、面白かったです。
    ゆみねこ
    2020年06月14日
    80人がナイス!しています
  • 殺人事件を追う警察と特ダネを追う新聞記者の攻防や駆け引き、記者同士の熾烈さは、取材という名目で人の心に土足で踏み込む乱暴な行為にもなりかねない。刑事の使命とは、記者の矜持とは何なのか問いながら、刑事と 殺人事件を追う警察と特ダネを追う新聞記者の攻防や駆け引き、記者同士の熾烈さは、取材という名目で人の心に土足で踏み込む乱暴な行為にもなりかねない。刑事の使命とは、記者の矜持とは何なのか問いながら、刑事と事件持ち(自分の担当地域で大きな事件が起きやすい)記者の目で事件を追う。犯人は想定内で意外性はなかったが、刑事や記者の苦悩から成長までが見られたのは良かった。映像化したら面白そう。 …続きを読む
    itico
    2021年01月21日
    73人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品