試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041092453

1984

  • 著 ジョージ・オーウェル
  • 訳 田内 志文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041092453

ディストピア小説の最高傑作。圧倒的リーダビリティの新訳版!解説・内田樹

1984年、世界は〈オセアニア〉〈ユーラシア〉〈イースタシア〉という3つの国に分割統治されていた。オセアニアは、ビッグ・ブラザー率いる一党独裁制。市中に「ビッグ・ブラザーは見ている」と書かれたポスターが張られ、国民はテレスクリーンと呼ばれる装置で24時間監視されていた。党員のウィンストン・スミスは、この絶対的統治に疑念を抱き、体制の転覆をもくろむ〈ブラザー連合〉に興味を持ちはじめていた。一方、美しい党員ジュリアと親密になり、隠れ家でひそかに逢瀬を重ねるようになる。つかの間、自由と生きる喜びを噛みしめるふたり。しかし、そこには、冷酷で絶望的な罠がしかけられていたのだった――。
全体主義が支配する近未来社会の恐怖を描いた本作品が、1949年に発表されるや、当時の東西冷戦が進む世界情勢を反映し、西側諸国で爆発的な支持を得た。1998年「英語で書かれた20世紀の小説ベスト100」に、2002年には「史上最高の文学100」に選出され、その後も、思想・芸術など数多くの分野で多大な影響を与えつづけている。
解説・内田樹

メディアミックス情報

NEWS

「1984」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★4-4.5。「圧倒的リーダビリティ」は本物。「ヘイト」新訳の2020’的親近感。テレスクリーンの既視感。言語が思想・思考を規定する側面から、描いていることの説得力と怖さ(+小説の構造としての面白さ) ★4-4.5。「圧倒的リーダビリティ」は本物。「ヘイト」新訳の2020’的親近感。テレスクリーンの既視感。言語が思想・思考を規定する側面から、描いていることの説得力と怖さ(+小説の構造としての面白さ)。「ダブルシンク(二重思考)」で監視社会の中で生きる困難さ。この状況で惹かれ合う男女。燃え上がらないはずはない◆読後は、リアル過ぎる恐怖感。胸糞悪い嫌悪感。愛の裏切りへの後悔がウィンストンの「ジンくさい涙」と共に湧き、鼻を伝い落ちゆく。非常に後味悪い、ディストピア。だが、それが逆に真に核心をつき、心に残る。 …続きを読む
    ちびbookworm
    2021年05月01日
    34人がナイス!しています
  • ハヤカワ文庫から数えて3回以上読んでいるのだが、その度に読書速度が遅くなっていることに気付いた。 内容が現代の描写のようで、考えさせられることが多いのが原因なのだろうか。 主人公ウインストンの主たる ハヤカワ文庫から数えて3回以上読んでいるのだが、その度に読書速度が遅くなっていることに気付いた。 内容が現代の描写のようで、考えさせられることが多いのが原因なのだろうか。 主人公ウインストンの主たる仕事は公文書の改竄である。 その内容を愚かな民衆が信じ、惨めな生活を惨めと思わないような意識操作を行っていると云える。 SNSが多くの意見を取り入れる媒体でなく、考え方の多様性を否定する方向を示唆している実態を観れば、今日が本書に酷似しているのに気づかされる。 …続きを読む
    しんすけ
    2021年05月09日
    17人がナイス!しています
  • 次に読む本の予習で。あるあると感じる箇所が多いのは不味い気がするが実際そうだから仕方ない。過去の訳では「憎悪」としていたらしい単語をそのまま「ヘイト」としたことで、個人的には一層身近に感じられた。実際 次に読む本の予習で。あるあると感じる箇所が多いのは不味い気がするが実際そうだから仕方ない。過去の訳では「憎悪」としていたらしい単語をそのまま「ヘイト」としたことで、個人的には一層身近に感じられた。実際現実に存在する「ヘイト」と付く単語は、本書の訳の中では容易に溶け込めてしまいそうだ。本作は三人称で語られているけども、絶妙に主人公の見えている範囲が限定的なのが良かった。全てを分かっていないからこそ理解したつもりになり、結果として転がっていく。全体を通して描かれる不透明な曖昧さが一番怖い。 …続きを読む
    pen
    2021年05月11日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品